「嫌儲」の人たちは言ってることとやってることが180度ズレてることに気付くべき

この記事は4分で読めます

 

こんにちは、月也です。

 

ネット上には、

嫌儲(けんもう)

と呼ばれる人たちがいます。

 

他人がお金を儲けることを極端に嫌う、
そんな人たちですね。

 

例えばYoutuberとかを見て、

あいつらゲーム遊んでるだけで金稼げて楽で良いよな笑

数分の動画上げるだけで稼げるとか、仕事より簡単だろ笑

とか、まあ色々未だに言っている人がいます。

 

 

そういう嫌儲の人たちの気持ちも正直わかるんですよね。

他人が自分より大きなお金を稼いでいる姿を見ると、
嫉妬心などがどうしても芽生えたりするので。

 

ですけど今回強く言いたいのは、

嫌儲の連中はマジでアホ

だということです。

言っていることとやっていることが
もう大幅にずれてるんですよね。

 

 

お金を稼ぐ=悪なのか?

 

日本って、なんか

 

お金を稼ぐ=悪

 

みたいなイメージが根強いですよね。

 

お金を稼いでいる人を見ると
「なんか悪いことをしてるんじゃないか?」
みたいな感想が大体真っ先に出てくるというか。

 

でも、お金を稼ぐことって悪いことでもなんでもないですからね。

中には詐欺的に多くの人からお金をだまし取っている人間もいますが、
ほとんどはちゃんと人に価値というものを提供してお金を得ている。

Youtuberとかも同じで、

動画を上げることで視聴者を楽しませることができているから、
お金を稼ぐことが出来ているんですよね。

炎上系と呼ばれる人たちも、
そういう動画を望んでいる人が一定数以上いて、
その人たちを満足させられているから視聴数も多いんです。

 

 

お金を稼いでいる人は相応の努力をしてきている

 

それにお金を稼げている人というのは、
やっぱりそれ相応の努力をしているんですよね。

寝ながら楽ちんでお金稼げるようになりました!
なんて人はよほどブルジョワ家庭でもない限りあり得ません。

 

Youtuberを例に挙げるなら、
彼らは最初の段階は全くファンもいなかったし、
視聴数も多くなかったと思うんですよね。

でもそれでもめげずに毎日投稿し続けた。

それによって少しずつファンが増えていって、
雪だるま式にどんどん人気も広がっていき、
あそこまでなっているという人達ばかりです。

 

「ブログ」というものもそうで、
最初ってマジでアクセス来ないんですよね(笑)

これ、アクセス本当に来るようになるのかよ・・・

と心が折れかけそうになる瞬間が何度もある。

しかしそれでも毎日記事をUPし続けられる人が、
やっぱりアクセスが集まるブログを作ることが出来るし、
収入も増えていきます。

 

 

お金を稼げている人というのは、
多くの場合

長い下積み時代に泥臭い努力をしている」人たちです。

それは例に漏れずですね。
周りからはその部分は非常に見えづらいんですが。

 

その人たちに向かって、

「楽して金稼げてうらやま笑」

とかって言うのはお門違いも良いところです。

 

 

嫌儲の人たちも、実は金儲けをしている

 

嫌儲の人たちも成人しているのなら
社会人になっているはずで、
「仕事」というものをしていると思います。

 

でも仕事というのもぶっちゃけ「金稼ぎ」ですからね。

 

会社員の場合は、”お客”に対してではなくて、
会社”に対して時間、労働力という価値を提供しています。

だから給料が発生している。

 

「ボランティアで今の会社働いてます!!」

なんて酔狂な人は世の中まず居なくて、
もし給料が発生しないのならみんな絶対今の仕事は辞めるはずです。

 

それって要は、

「お金を稼ぐために」仕事をしているわけですよね。

 

嫌儲の人たちが嫌う「お金を稼いでいる人たち」と
何が違うんですか、という話なんですよね。

価値の提供先”が違うだけで、
していることは全く同じです。

 

Youtuberやブロガーだったら視聴者や読者、

会社員だったら会社

に対して価値を提供しているんです。

 

 

会社員=正解、なのか?

 

会社員が正しい!!

みたいな風潮は、学校教育の賜物ですよね。

 

学校というのは「個性を殺す」ような教育をしていて、
みんなと同じなのが正しい!みたいな風潮がいまだに根強いです。

 

真面目に学校の勉強をして、
 ちゃんとした大学を出て、
 立派な社会人になるのが一番なんですよ!

 

みたいな。

 

まだ高学歴がうんぬん言ってる人たちがいますけど、
時代錯誤も甚だしいですよね。

僕の周りも含めて、
いわゆる「成功者」と言える人たちって、
工業高校卒業とか、中卒とかの人が多いんです。

「きれいにレールに乗って生きてきました!」
なんて人はまあいないですよね。

 

少し話がずれましたけど、
だから普通とは違った面がある人間には、
学校は本当に居心地が悪い。

少しでも違う面があると見られれば、
問題児扱いすら受ける。

存在を否定されているような気にすらなります。

 

みんなと同じになれない人はどうすればいいんですか?

僕は常にそんな疑問を子供の時に感じていました。

 

 

そういった学校教育からの刷り込みもあるにはあるんですけど、
お金を稼ぐという行為に対して悪い印象を持つというのは、
やっぱりかなりズレているんですよね。

みんなお金稼ぎというものはしているわけだから、
やり方が違うだけで他人を叩くのは違うだろうと。

 

 

日本はそういう面でかなり遅れている

 

そういう点に関しては、
本当に日本って遅れているなと心底感じます。

もっと色んなお金の稼ぎ方があることがみんなに伝われば、
自分の可能性を発揮できる人が増えるだろうし、
それで救われる人も出てくると思います。

必ずしも、サラリーマンになる必要はないんだぞ、と。

 

ネットというものの登場で、
今は本当に”仕事”は多種多様になっています。

それらを嫌儲的な考えで叩くのではなくて、
素直に受け止めていきたいですよね。

 

そうすれば、絶対にもっと生きやすい世の中になっていくと思います。

 

それではありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. gahag-0087944427-1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)

大学在学中の2013年からアメブロで情報発信を行い、読者数500人を集めるブログになる。
その後ワードプレスに移行。

現在は4つのブログを運営し、
その中の2つは月間10万PVを集めるブログになる。

また2017年よりPPCアフィリエイトに取り組み始め、開始4か月後に10万円越えの利益を得ることに成功。
それ以降も利益は右肩上がりで上昇中。

PPCアフィリの実績は↓の記事で公開中!
⇒ 詳しい実績はこちら