【投資を始めたい方へ】投資詐欺に遭わないための「3つの絶対条件」とは?

この記事は4分で読めます

 

こんにちは、月也です。

 

投資にはどうしても「詐欺」というものが付きまといます。

投資したお金を持ち逃げされたとか、
案件自体が停止してしまった、
その案件の投資手法自体が通じなくなった等、
色々なことが起こりえる。

既に投資詐欺に遭ったことがある、
という人も多いかもしれません。

 

僕自身、投資詐欺に遭ったことがあります。

信頼していた人が運営に関わっていた案件だったので
当時非常に無知だったので盲目的に信じてしまったんですが、
半年も経たずその案件自体ストップしてしまって
投資したお金が返ってくる気配は一切ありません。

ただ、中にはしっかりしている投資案件があるのも事実で、
詐欺を恐れて投資することを止めてしまうと
将来的に不利益を被ることになってしまいます。

 

資産を増やす、生活を楽にするという意味で
投資による収入は絶対にあった方が良いので、
投資はどんな人でもやるべきだと僕は思っています。

 

 

そこで今回の記事では、

 

投資を始める際に詐欺的な投資案件に遭わないための3つの絶対条件

 

ということでお話ししていきたいと思います。

 

僕は投資案件はいくつかやってきて、
損も結構してきているんですが、
その中で失敗する案件に共通するものがあると気が付きました。

その気づきを、今回シェアしたいと思います。

それを頭に置いておくことで騙されることが格段に減るはずです。

 

投資を始める際の参考に、ぜひしてみてくださいね。

 

 

お金を預けるタイプの投資案件は非常に危険

まず第一に気を付けたいのが、

他人にお金を渡すタイプの投資案件

です。

 

例えば、「共通の口座で運用しているから」などと言って
そこにお金を振り込ませるような案件ですね。

 

それの何がダメかというと、
自分でお金をコントロールすることができないからです。

案件が危なくなった時にお金を下ろそうと思っても
すぐに下ろすことができない。

そうすると、案件がダメになったときに
そのままお金も消えてしまう危険があるんですね。

 

また、お金を「持ち逃げされる」という危険もあります。

よくそういう事例ってあって、
お金を集めるだけ集めて運営者が海外に高飛びして
投資家は泣き寝入りするしかない、
といった事例が多く起きています。

そういったことが今多く起こっているのが
「ICO」の案件ですよね。

今でこそ規制が強まって変な案件は減りましたが、
以前は本当にひどかったので。

 

 

僕は以前信頼している友人からある人を紹介してもらって、
とあるFXの案件をやっていたことがあったんです。

月利1.5%の案件だったんですけどね。

その案件というのがまさに、
「お金を運営の口座に預けるタイプの案件」
でした。

 

当時は投資に関して全くの無知で疑うことなく預けてしまったんですが、
預けて半年もしないときですかね。
突然案件がストップしたんです。

申し訳ない。トップの人物が辞めることで裁判があって、
 資産の精査などがあるからお金を返すことができなくて・・・

みたいな意味不明な理由を言われて。

その人のことを当時信頼していたので、
裏切られたことで本当にショックを受けました。

預けたお金は200万円と僕からしたら大金も大金で、
「はああ????」という感じでしたよね。

バカにしてんのかと。

ただその件に関しては、そんなクソな詐欺師を信じてしまった
無知な僕が100%悪いので、なるべく思い出さないようにしてるんですけどね。

 

それからは、もう預けるタイプの投資案件で怪しいものには
絶対に手を出さないと心に決めました。

 

そういう投資案件は持ち逃げされる、引き出せないリスクがあるので、
それは常に頭に置いておいた方が良いですね。

 

 

数年にわたって実績がちゃんとあるか?

 

投資する案件選びのもう一つ大切な要素が、

継続して利益が出せている案件なのか?

ということです。

 

仮想通貨におけるICOなどはまだ市場に出る前のため
そう言ったことを判断することはできませんが、
例えばFXの案件などに投資する場合ですよね。

数年間利益を出し続けられて配当もされているのであれば、
理論もちゃんとしていると考えられるし、
今後も利益を出し続けることが期待できるわけです。

 

これはMLMで結果を出している人が以前セミナーで言っていたんですが、

案件を紹介される時私はまず、
 あなたはこれまで何年間利益を上げ続けてきたんですか?
 ということをその案件を始める前に必ず尋ねます

ということを言っていて、あの業界の人間は僕は嫌いなんですけど(笑)
その考え方だけは共感できたんですよね。

 

まだ始まって間もない案件や、
1年程度しか経っていないものだと
その後も継続できるのか判断が難しいわけです。

僕の経験からして、「3年続いている」案件に関しては、
その後も続くことが期待できるかなと感じています。

3年あればかなり世間の状況なども変わってきて、
その中でも利益を上げ続けられているということは
変化に対応できる柔軟性もあるのかなと判断できるので。

 

 

運営責任者と直接会う

可能であれば、

この案件を運営しているのはどんな人物なのか?

直接会って確認できれば一番良いです。

 

そこで胡散臭いような人物でなく、
紳士的な人であれば安心はできますね。

実際に作業をしているところも見せてもらえれば、
信用できる確率は高まります。

 

ただ僕の友人で運営責任者と直接会って作業場も確認できたけど、
300万ほど持ち逃げされてしまった、という方もいるので、
そこだけを見て判断するのは非常に危険です。

上記の2つの条件を組み合わせて考えることで、
騙されるリスクを極限まで下げることができます。

 

 

投資詐欺に騙されないための3つの絶対条件

というわけで、

投資詐欺に遭わないために確認すべき3つの条件

というものをお話ししてきました。

 

もう一度最後にまとめると、

 

自分でお金を管理できる案件なのか?

3年以上継続できている案件なのか?

責任者、作業場はどのような感じなのか?

 

この3つを確認して、大丈夫そうなのであれば
投資詐欺に騙されるリスクをかなり減らすことができます。

 

ただ中には冒頭でも話した通り、仮想通貨のICOなどの
それらの条件に当てはめることができない案件も存在します。

ICOは大きなリターンを得られる代わりに、
リスクも非常に大きいということは念頭に置いた方が良いですね。

 

投資で安定的に収入を得られるようになれば
かなり生活にゆとりも出てきます。

もし何か病気などで働けなくなっても、
投資からの収入があれば安心ですからね。

うまく行けば投資だけで生活することも全然可能なので、
ぜひ投資は自分ができる範囲で実践していきたいものです。

 

ただやっぱり騙されるリスクはどうしてもあるので、
無理のない範囲」で投資は行っていきましょう!

僕みたいにカードローンで200万借りて投資する、
というようなことはしないようにした方が良いです笑

 

それでは、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)

大学在学中の2013年からアメブロで情報発信を行い、読者数500人を集めるブログになる。
その後ワードプレスに移行。

現在は4つのブログを運営し、
その中の2つは月間10万PVを集めるブログになる。

また2017年よりPPCアフィリエイトに取り組み始め、開始4か月後に10万円越えの利益を得ることに成功。
それ以降も利益は右肩上がりで上昇中。

PPCアフィリの実績は↓の記事で公開中!
⇒ 詳しい実績はこちら