円満退職をするのに絶対意識したい3つの重要要素

この記事は4分で読めます

life722

 

こんにちは、月也です。

 

これから個人でビジネスをしていきたい。

独立したい。

転職したい。

 

そんな人って多いと思うんですが、
今あなたがそのような状況かもしれません。

 

そこでやっぱり、
「円満退職」できるかどうか、

って結構重要だと思います。
飛ぶ鳥跡を濁さずで、

綺麗に会社を辞めて、
そして自分のやりたい道に進んだり、
ビジネスに集中したいものです。

 

数年間とかその会社にお世話になって、
そこで急に、

「ビジネスにチャレンジしたいんで、辞めます!!」

「別の本当にやりたい業種に行きたいんで、辞めます!」

と言っても素直に受け入れてもらえないかもしれないし、
そもそも「言いづらい」ですよね。

仕事を辞めるということは色々な場に影響を与える行為だし、
ものすごく精神的摩擦がかかってくるシーンです。

 

僕も仕事を辞めると告げようと思っていた時は
もうプレッシャーが半端なかったんで(笑)

その会社の人には本当に良くしてもらっていたんですけど、
今まで僕に対して指導などの投資をしてもらっていたわけで、
辞めるのは心苦しかった。

ただ、やりたいこと、進みたい道というのがあったので
僕は思い切って退職する旨を伝えたんですけどね。

 

 

仕事を退職するのなら、

やっぱり円満退職したいじゃないですか。

その方がスムーズに自分のやりたいこと、ビジネスなどに移行できますよね。

 

 

今回の記事は、

 

円満退職するにはどうすればいいのか?

 

ということで話していきたいと思います。

 

 

 

いきなり退職願をたたきつけるのはNG

 

円満退職するのに一番やってはいけないことは、

いきなり、退職願をたたきつける

ということだと思うんですよね。

 

今までは普通に働いていたのに、
ある日突然退職を告げてしまう。

これだと現場も困惑するだろうし、
引き止めなども起こってくると思います。

「ちょっと急すぎないか?もうちょっと考えないか?」と。

 

だから、退職をする2か月くらい前から、

僕には、やりたいことがあるんですよね・・・

みたいにそれとなく周りに言っておくと良いです。

 

例えば同僚に、

「そういえば○○は、この会社にずっといる気?」

とかって聞いてみるんです。

「そうだね、特に不満とかもないし。お前はどうなの?」

と大抵の場合逆に質問を返されるはずなので、

「いや、実は俺やりたいことがあってさ・・・。」

みたいに臭わすんですよね。

 

そうすると、段々と”そういう”雰囲気”が出てくるんです。

あいつは何かやりたいことがあるらしい

という雰囲気が職場の中に徐々に広がっていく。

 

その雰囲気というのは上司にも間違いなく伝わります。

多少なりともそういう雰囲気を感じさせておけば、
いざ退職を告げた時の摩擦が圧倒的に減ります。

 

恋愛とかもまさしくそうで。

いきなりデートに誘うよりかも、
少しずつ関係を縮めるところから始める。

積極的に挨拶をするようにしたり、
会話をするようにするとか。

それと同じですよね。

 

伏線を貼っておくというのは
円満退職をする上で非常に重要です。

 

 

2、残業をしない

shutterstock_247075348

 

残業をしない

というのも大事になってきます。

 

これはそれぞれの職場の状況から
一概には言えないんですけど、
残業をしてしまっていると、

○○は本当に献身的な奴だな

という風に見られてしまうんです。
まず、この仕事を辞めることは無いだろうなと、
そう思われてしまう危険がある。

そうすると、どんどん仕事を任されたりするんですよね。

 

そして残業をしたとしても、
時間労働分以上の対価は得られないわけです。

その残業する時間分を自分のビジネスや勉強に充てれば、
後々もっと大きなリターンを得られる可能性も高い。

 

下の記事でも書いてるんですけど、

⇒ 仕事を辞めるベストタイミングとは?こうなったら即仕事を辞めるべき!
僕は仕事は副業や個人ビジネスで収入が無いうちは
辞めない方が良いと思っています。

多少なりとも収入が得られるようになってから
辞めた方が安心だし、焦らなくて済むんですよね。

 

残業をなるべくしないことで、

仕事を必要以上に任せられることも減るし、

その時間を自分のやりたいことや、勉強、ビジネスなどに充てることが出来る。

 

円満退職をしたいのなら、

残業をしないというのも大切ですね。

 

 

 

3、辞める日を決めておく

calendar

 

辞める日を決めておく

というのも円満退職をする上で
僕は絶対に意識するべきだと思います。

 

まず辞める日を決めることで、

決意

することができるんです。

俺は、この日前でに絶対に辞めて、自分の道を歩む!

という決意を心の底からできる。

 

人間なんて弱いもので、
明確に辞める日を決めておかないと
ズルズル月日が経ってしまうんですね。

あと1か月会社の残ろう。貯金とかも不安あるし

もう半年くらい、会社にいた方が良いかな。まだまだ力不足だし。
“ホメオスタシス(恒常性)”という人間の本能みたいなものが働いて、
新しい行動を取ろうとすると先延ばし先延ばしに本能がしようとするんです。

 

だから、「勢い」というものは絶対に必要で。

もう、この日までには絶対に辞めるんだ!!!

と自分の中で覚悟することで、
ようやく人というのはエイっ!っと動くことができます。

 

 

それに辞める日を明確に決めれば、

引継ぎやあいさつなども逆算してできるようになりますよね。

やるべきことが明確になるんです。

 

ちなみに僕自身、辞める日というのはもう数か月前から

「この日だ!!」

という風に決めてました。

だからこそ、スパッと辞められたし、
それまでに色々と準備などもできていたので
綺麗に辞めることが出来ましたね。

 

 

だからもしあなたも円満退職をしたいという場合は、

期日を決める

ということをやってみてください。

もうカレンダーとかに書き込んでおくと良いです。

花丸で、「退職日」みたいに(笑)

その期日から逆算して、
準備を進めるようにするんです。

そうすれば比較的スムーズに辞められると思います。

 

 

円満退職をして新たなステージへ

 

というわけで色々書いてきましたが。

最後にまとめると、
1、 事前にそれとなくにおわせておく

2、 残業をしない

3、 辞める日を明確に決めておく
この3つを意識しておけば、
スムーズに円満退職ができます。

 

僕もこの3つは辞める数か月前からは意識していました。

それとなくやりたいことがある、ということを臭わせていたし、
残業もしなかったし、
期日もはっきりと決めていました。

だから、スパッと辞められました。

 

僕はやりたいことなどがあるのなら、
仕事なんてさっさと辞めてそのやりたいことに集中するべきだと
考えている側の人間なので、
ぜひ決断してもらえればうれしいです。

 

なんか世間の空気として、

会社員として働いている人の方が偉い

みたいな風潮がありますけど、
やりたいことを全力でやっている人の方が
僕は断然偉いし、尊いと感じています。

今はあまり稼げていなかったとしても。

 

自分の人生なんだから、
我慢は絶対にするべきではないですね。

 

それではありがとうございました!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. gahag-0040981396-1
  2. gahag-0119298582-1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)

大学在学中の2013年からアメブロで情報発信を行い、読者数500人を集めるブログになる。
その後ワードプレスに移行。

現在は4つのブログを運営し、
その中の2つは月間10万PVを集めるブログになる。

また2017年よりPPCアフィリエイトに取り組み始め、開始4か月後に10万円越えの利益を得ることに成功。
それ以降も利益は右肩上がりで上昇中。

PPCアフィリの実績は↓の記事で公開中!
⇒ 詳しい実績はこちら