バイナリーオプションの手法は1つに絞るべき理由【勝てる手法も紹介】

どうもツキヤです。

 

バイナリーオプションには様々な手法がありますが、初心者で始めたばかりだったり、勝てていないときは色々な手法を使ってエントリーしたりしますよね。

この手法はダメだな、もっと勝ちやすいものはないか?

みたいに、より勝ちやすい手法を常に探し求めてしまうというか。

 

いわゆる「聖杯」と言われてるやつですよね。

 

 

ただ経験上強く言えるんですけど、それは非常に「危険」なんです。

そういうことをしていると、まず勝てるようにはなれないと断言できます。

 

今回の記事では、

バイナリーオプションの手法は最初は1つに絞った方が良い理由

ということで話していきます。

 

記事の中で初心者でも勝ちやすいエントリー手法についてもご紹介しているので、ぜひこの先を読み進めてみてください。

利益を出すためのきっかけをつかむことができると思いますからね。

 

この記事でわかること

・初心者が手法を増やしてはいけない理由がわかる

・初心者にも勝ちやすい手法がわかる

 

最初に色々な手法を勉強するのは良いが・・・

冒頭でもお話ししましたが、初心者の時や勝てていないときは色々な手法を探してしまいがちです。

もちろん、僕もそうでした。

 

最初の初心者の段階では良いんです。

まず実際に使ってみないとどうやって勝つかもわからないわけですからね。

 

ただある程度自分に合う手法が見つかった後もそういうことをしていると、まず勝てるようにはなれないんですよね。

少しでも連敗したらすぐに他の手法を試したり、といったことは絶対NGで。

 

 

なぜそれがダメかというと、主に2つの理由があります。

・複数の手法を使うと頭が混乱してくる

・基礎知識がないから負けている可能性がある

・確率は収束する

 

それらについて詳しくお話ししていきます。

 

複数の手法を使うと頭が混乱してくる

取引に慣れていないときに複数の手法に手を出すと、十中八九頭が混乱してくるんです。

 

よし、上昇トレンドライン割ったしローエントリーだ!いやでも待てよ、ダブルトップ作りに来てまたすぐに上がるかも・・・

 

 

色々な手法のエントリーポイントがごっちゃになってしまって、どこでエントリーして良いかわからなくなってくるんです。

そしてエントリーポイントが見えなくなるから、焦って勝つ根拠の薄いポイントで入ってしまい、負けてしまう。

取引の精度がめちゃくちゃ落ちるんですよね。

 

これは僕がもう何度もやってしまっていたんですよね。

手法を取っ替え引っ替えしてもう訳が分からなくなるという笑

それで入金しては資金を溶かし、を繰り返していました。

 

絶対にまず1つに絞った方が良い

なので最初は絶対に手法は「1つに絞った方が良い」です。

この手法は完璧だ!!」と言えるくらいまで洗練させまくる。

 

目安でいうと大体「勝率70%以上安定」ですね。

 

1つの手法も身につけられていないのに、他の手法を身につけるのは無理なんですよね。

どれも中途半端になってしまって負けを拾うことが本当に多くなるので。

 

もちろん手法との相性もあるんですけど、基本的にどんな手法でも理解度を深めればある程度勝ち越せるレベルには絶対になります。利益は出せるようになるんですね。

 

この手法はわかりやすいし、なんかやりやすいな

というものがあれば、ぜひそれをまずはデモトレードで良いので徹底的にやり込んでみてください。

それで勝てるようになったら別の手法も取り入れてみる、というくらいがちょうど良いですね。

デモトレードはこちらからできます

 

バイナリーオプションで勝つためには基礎知識は絶対必要

勝てる手法を知ることができても、バイナリーオプションは「基礎知識」もしっかり理解していないと勝つことはできません。

多くの手法は、ダウ理論エリオット波動グランビルの法則などに則ったものであることが多いんです。

 

僕がそうだったんですけど、最初はとにかくすぐにお金を稼ぎたいから、ネット上で知った手法ですぐエントリーをしてみて、まあやっぱり負けるんですよね。

今思うと、基礎知識が無かったからだったのかなと感じています。

そういった法則を知っていないと、避けるべきポイントを判別することもできないので負けをどんどん拾ってしまいます。

 

基礎知識の中でも上でお話しした3つ

・ダウ理論

・エリオット波動

・グランビルの法則

は特に絶対に知っておくべき知識なので、もしよく知らないという場合はぜひ腑に落ちるまで勉強することをおすすめします。

 

それらを理解できると、ある程度相場の流れなども見えてくるようになり、あらゆる手法の威力を最大限発揮できるようになります。

 

確率は収束する

自分が納得したポイントでエントリーして負けると、心がざわついてくるんですよね。

 

こんな完璧なポイントで負けるなんて、まじかよ・・・

 

そこから自信が持てなくなって新しい手法探しの旅に出てしまったりするんですけど、バイナリーオプションは結局のところ確率論なんです。

 

こういうポイントでエントリーすれば、大体70%くらいは勝てるだろう

という期待値を追う投資で。

 

どんな手法でも負けが続くこともあるんですけど、勝ちに偏ることもあって、それを月ベースで見ると勝ち越せる、みたいな話なんです。

 

手法をすぐに変えるとその勝ちに偏るフェーズを無視してしまうことになり、いつまで経っても利益が出てこないということが起きてくるので、

バイナリーオプションはとにかく我慢をすることが大事です。

 

自分が使っている手法のエントリーポイントがきたら淡々とエントリーしていく

稼ぐためにはある意味で「機械的」になる必要があります。

実はバイナリーオプションは単純作業の繰り返しなんですよね。

 

確率を収束させるために、そして機械的になるためには、手法は1つに絞った方がやりやすいということですね。

 

初心者にもおすすめのバイナリーオプション手法

ここからは、初心者でもわかりやすく勝てやすい手法を2つご紹介していきます。

 

これさえちゃんと理解して狙っておけば利益はほぼ確実に出る

という手法になってくるので、ぜひまだ決まったエントリーポイントがないという場合は過去チャートで検証したり、実際に使ってみてください。

 

これらのエントリーをする際は、15分足や1時間足などの上位足を見て、「相場の方向性」を調べてからエントリーしてください。

短期足で良い波形が来ても、上位足では上昇トレンドで逆張りをすると負けるといったことはよくありますからね。

 

エリオット波動の5波目の頂点で逆張り

エリオット波動は5波目で売り方向に転じる、という法則ですが、それを利用したエントリーです。

(画像参考元:http://fx.kinri.jp/chart/elliott.html)

上の画像がエリオット波動を表した画像なんですけど、3つ目の山の頂点のところで逆張りを入れるとかなり勝ちやすいんです。

 

ここで重要なポイントが、3つ目の山の頂点が「大陽線の坊主」で来た時は勝率が高い、ということです。

大陽線坊主というのは、直近の陽線よりも長めでヒゲがなく実体しかないローソク足ですね。

 

 

ローソク足は基本的に、1本の足が長く、ヒゲのない坊主の状態だと反発しやすいんです。

大陽線なら次足で陰線が、大陰線なら次足で陽線が来やすいということですね。

そういう場合は1分足チャートなら1分、5分足チャートなら5分エントリーすれば勝てる確率はかなり高いです。

 

(例えば上の画像のようなポイントです。もう少しヒゲがなかったらかなり勝率は高いポイントです。)

 

ちなみに上のようなポイントが来ると、RSIが「ダイバージェンス」を起こしているので、それがエントリーの一つの強い根拠になるのでRSIを入れるのもおすすめです。

上の画像のように、チャートは右肩上がりだけどRSIは右肩下がりになっている状態がダイバージェンスで、逆張りが効きやすくなる合図です。

 

 

一方で、大きいローソク足ではなくちっちゃいローソク足がだらだらと上がってきてエリオット波動を形成するケースがあるんですけど、そういう場合はどこが頂点になるかわからないので注意が必要です。

上昇が終わって、「そろそろ5波目が終わりそうかな」と感じられたポイントでエントリーする場合は少し長めの時間でエントリーした方が良いです。

1分足チャートでダラダラ来たら3分や5分エントリー、5分足チャートなら15分エントリーしてみる、というような要領ですね。

(例えばこんな波形の時)

だらだら上がる場合は、コマ足や上ヒゲを出すローソク足を上昇が終わるサインとして見ると下がっていくことが多いです。

あとは上位足で引いた近くのレジスタンスラインを目印にする、などですね。

 

そのポイントだけに絞れば勝率はかなり上げられるので、勝率が安定した時にエントリー金額を上げればかなり利益が残るようになります。

 

グランビルの法則の押し目買い、戻り売りを利用したエントリー

もう一つご紹介したいのが、前述したグランビルの法則を利用したエントリーで、

移動平均線の短期線と中期線がゴールデンクロス、デッドクロスした後の中期線タッチでエントリーする手法です。

エリオット波動もそうですが、これもかなり狙いやすい勝率も高いエントリーです。

 

(イメージとしては下の画像のような感じ。赤線が短期線で黄色線が中期線

 

移動平均線は短期線「5日中期線「25日あたりを使う人が多いです。上の画像もその期間で設定しています。

 

このエントリーをする時にも注意ポイントがあり、上昇や下落の終わりをしっかり確認してからエントリーするようにしてください。

例えば下落の終わりなら、明けの明星や逆三尊、ダブルボトム、サポートライン反発などを確認した後でエントリーをする準備をします。

上昇の終わりなら宵の明星、三尊、ダブルトップ、レジスタンスライン反発などを確認します。

そうしないと、例えばゴールデンクロスしたと思ってハイで入ったらさらに下落してしまった、ということも起きてきてしまいますからね。

 

エントリーするタイミングは「中期線にタッチしたら」でOKです。

僕は1分足でエントリーする場合は3分と少し長めにエントリーしてますね。

 

正直この2つのエントリーのどちらかを洗練させれば、バイナリーオプションで負け越すことはまずなくなるはずです。

色々な手法に手を出そうとすると一気に負けが込んで資金が溶ける、というのは本当によくあるので、とにかく「これのエントリーならまず負けない」というものを自分の中で作ると精神衛生上もかなり良いですよね。

 

手法を完璧にするのは時間がかかる

上の方でも話したんですけど、バイナリーオプションで1つの手法をマスターするのは本当に難しいんです。

相場の環境認識やローソク足の形、トレンドはいつ頃まで続くのか、短期足の波形の形はどうか、移動平均線の向きはどうか、などなどを把握しながら複数の手法を使いこなすのは、初心者のうちはまず無理です。

 

僕もこれまで手法を増やそうと試行錯誤した時期が長かったです。

1つの手法に絞って2ヶ月連続で勝ち越せていても、

今までこういう場面で負けてたけど、そういうところで別の手法でエントリーすれば勝てんじゃね?

と思って別の手法も始めたとたん見事にボロ負け。

そこからは自分の取引に自信をなくし、一気に勝率が落ちて資金も溶かすということが本当に何度もあったんです。

 

それまで勝てていた手法でも負け出すから不思議ですよね。

 

なぜ手法を増やすと負けるか

なんでそんなことになるのかというと、手法の理解度がまだ浅いから、だと感じていて。

一見シンプルに見える手法でも、本当の意味で自分のものにできるのはそれ相応の時間がかかります。

もしかしたら一生完璧には習得できないかもしれません。トレードは少しでも気を緩めると勝てなくなるので、日々研鑽し続ける必要があるので。

 

それにぶっちゃけ1つの手法を完璧にできれば、あとはエントリー金額を上げたり、1つのポイントで複数エントリーすれば良いだけなので手法を増やす必要がそもそもないんですよね。

 

 

どうしても複数の手法を使いたい場合は、1つを最低でも勝率70%以上を安定的に出せるようになったら別のものにも取り組んでみる、というくらいがちょうど良いんじゃないかなと思います。

ネット上で勝てると言われている手法なら、検証や実践を繰り返してポイントを絞ればそれくらいは勝てるようになりますからね。

 

バイナリーオプションの手法まとめ

バイナリーオプション初心者やまだあまり勝てていない人は、「もっと良い手法はないか?」みたいに色々なものに手を出しがちなんですけど、まずは1つに絞った方が絶対に良いです。

いきなり色々なものに手を出すのは余計な遠回りになる可能性が非常に高いです。

1つの手法をマスターするのには時間が必要で、取っ替え引っ替えしていては勝てるようにはなれないんですね。

急がば回れ、というやつですよね。

 

「これはやりやすい」という手法を見つけたら、それを徹底的に検証して、突き詰めていきます。

それで稼げるようになればOKだし、もしもっとエントリーしたいと思うなら勝率が70%以上安定的に出せるようになったら別の手法に取り組む、というくらいがちょうど良いです。

そうでないと、僕みたいにいつまで経っても稼げない地獄のような日々を送ってしまう可能性が出てくるので笑

 

 

ネット上には色々な手法があると思いますけど、正直どれが良いか悪いかというものはないんですよね。

野球とかも人によってフォームは全く違いますけど、それはバイナリーオプションのトレードでも同じで。

人によって得意な手法は違ってくるので、まずはデモトレードで色々な手法を試してみて突き詰める手法を探す、ということが良いと思います。

デモトレードはハイローオーストラリアで無料で使うことができるので、そちらをぜひ使ってみてください。

デモトレードで手法の練習をしてみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です