バイナリーオプションの通貨ペアは初心者はどれを見るべき?【おすすめ4つを紹介】

どうもツキヤです。

 

バイナリーオプションには様々な「通貨ペア」があります。

バイナリートレーダーのほとんどが使うハイローオーストラリア(HighLow.com)という海外の業者でも、15分以上のHighlow取引だと「32種類」、5分以下のTurbo取引だと「11種類」の通貨ペアがありますからね。

 

ただ通貨ペアの種類があまりに多すぎて、どれを選んだら良いかよくわからない人も多くいると思うんです。

僕は最初何がどう違うのか、まったくわかりませんでした笑

 

 

今回の記事では、

バイナリーオプション初心者におすすめの通貨ペアは?

ということでお話ししていきます。

 

バイナリーオプション初心者に向いている通貨ペアがあるので、それをメインで取引することで勝ちやすくなるのでぜひ参考にしてみてください。

 

ちなみに業者は「ハイローオーストラリア(HighLow.com)」を使う前提でお話ししていきます。

まだ口座を持っていないという方は数分で済むので、こちらのリンクからぜひ口座開設してみてください。

口座開設の仕方がよくわからない、という方は開設方法について詳しく解説している記事があるので、そちらを参考にしてみてくださいね。

ハイローオーストラリアの口座開設方法は?入金からトレード開始までを解説

2020年12月21日

 

この記事でわかること

・初心者が取引しやすく、勝ちやすい通貨ペアがわかる

 

バイナリーオプション初心者におすすめの通貨ペアは2つ

通貨ペアは実は種類によって全く違う動きをすることがあります。

それぞれに「動きの特徴」があるんですね。

 

その中でバイナリーオプション初心者の人は、まずこの2つを見るようにすればOKです。

初心者におすすめの通貨ペア

・USD/JPY(ドル/円)

・EUR/USD(ユーロ/ドル)

 

なぜおすすめなのか、その通貨ペアの特徴とともにお話ししていきます。

 

初心者向け通貨ペア1:USD/JPY(ドル/円)

USD/JPY(ドル円)はアメリカドルと日本円の為替を利用した通貨ペアですが、なぜ初心者にオススメできるかというと「動き方が素直」なんです。

 

動き方がオーソドックスで、予想外の動きをすることが少なく、これからどう動いていくかが予想しやすいです。

チャートの見方で「グランビルの法則」や「エリオット波動」といったものがありますが、それらの法則に当てはまりやすい動きをすることが多いんですね。

 

またニューヨーク市場が開く時間が夏場が日本時間で「22:30~5:00」、冬場が「23:30~6:00」となっていて、22時以降に為替が動くことが多いのも取引しやすいポイントです。

あなたが会社員として働いていて、副業でバイナリーオプションを始めたいという場合でもかなりやりやすい通貨ペアと言えます。

 

バイナリーオプションは値動きがあった方が良い

バイナリーオプションは値動きが小さいよりも大きい方がエントリーがしやすいんです。

いわゆるボラティリティ(価格変動の度合い)がある、という状態ですよね。

 

なぜ大きい方が良いかというと、値動きが小さい時は「レンジ相場」になりがちで方向性を予想するのが難しいから、なんですね。

また値動きが小さい時は同値負けが増えてきてしまって、本来勝てるようなポイントでも負けてしまうことが起こり得るんです。

ハイローオーストラリアではエントリー時点と同じ価格で判定時刻を迎えた場合は負け扱いとなります。)

 

ドル円相場は値動きが大きくなる時間が22時以降と、副業として考えるのなら時間帯的に良いというのと、

為替の動きが素直で予想しやすい、ということが初心者におすすめと言えるポイントですね。

 

初心者向け通貨ペア2:EUR/USD(ユーロ/ドル)

もう一つ初心者におすすめの通貨ペアが「EUR/USD(ユーロドル)」の為替相場です。

 

ユーロドルのどこがおすすめかというと、

USD/JPYと相関関係にあるから

なんですね。

 

相関関係というのは、例えばドル円が上がった場合、ユーロドルは下がることが多いんです。

逆にドル円が下がった場合は、ユーロドルは上がることが多いです。

ドル円と逆の動きをする傾向があるんですね。

 

例えばあなたが順張りLowの手法をメインでエントリーしている場合、ドル円で一度エントリーをして勝てたとしますよね。

ドル円の下落が落ち着いた後でユーロドルを見てみると、ちょうど上昇が終わって下落が始まっている時であることがあって、ユーロドルでまたエントリーできたりします。

 

あとはドル円と同じくニューヨーク市場が開く夜22時以降に動きが大きくなりやすい、ということもおすすめできるポイントです。

 

 

この2つの通貨ペアを見ておくと、自分のエントリーポイントを非常に探しやすくなるし、時間効率もかなり良くなります。

これがドル円しか見ていないと、上昇トレンドに入った場合はしばらく順張りLowエントリーができる場面は来ません。

エントリーポイントがどうしても限られてきてしまうんですよね。

なかなかエントリーポイントが来ないと焦って変なポイントでエントリーしてしまいがちなので、同時にユーロドルも見ておくことでエントリーチャンスが増えて、焦らずにエントリーできるようになりますね。

 

僕もそうだったんですけど、初心者のうちはとにかくチャートを見るのが不慣れで複数同時で見てしまうと頭の中がかなり混乱してしまうので、2ペアまでくらいに絞るのが良いと思います。

1ペアに絞るのでも全然良いです。

そしてチャートに慣れてきたところでもう少し見る通貨ペアを増やすことで、さらにエントリーポイントが探しやすくなりますよね。

 

チャートの見方については下の記事でわかりやすく解説しているので、まだうまく見れない、という方はぜひそちらも参考にしてみてください。

【初心者向け】バイナリーオプションのチャートの見方完全マニュアル

2020年12月5日

 

バイナリーオプションに慣れてきたらオススメの通貨ペア2つ

初心者のうちは「USD/JPY」「EUR/USD」のどちらかか両方を集中して監視するのがおすすめなんですけど、

「もっと通貨を増やしてエントリーポイントを増やしたい」

と思ったときにぜひおすすめしたい2つの通貨ペアについてもご紹介します。

 

追加でおすすめの通貨ペア

EUR/JPY(ユーロ/円)

AUD/JPY(オーストラリアドル/円)

この2つが少しチャートを見るのに慣れてきた初心者の方にはおすすめです。

通貨ペアの特徴やおすすめする理由について、詳しく解説していきます。

 

EUR/JPY(ユーロ/円)

EUR/JPY(ユーロ円)は、比較的ドル円と似たような動きをすることが多い通貨ペアです。

大きな違いはドル円と比べてそこまでないんですが、チャートの形がドル円とは微妙に違うことがよくあるんですね。

 

例えば戻り売りポイントでLowエントリーを狙うとして、ドル円だとローソク足の並びが汚くて入りづらいような場合でも、ユーロ円だと綺麗な戻り売りの形になっているといったことがあるんです。

ドル円とユーロ円両方見ておくと、片方では入るのを躊躇してしまうようなチャートの形でも、もう一方では綺麗な形をしていて勝ちやすくなっている、ということはよくあります。

その中でもユーロ円は動きが素直で値動きもそこまで大きくないので、エントリーして最後の最後で一気にまくられて負ける、ということも少ないので初心者には見やすい通貨ペアだと思います。

 

ちなみにヨーロッパの市場は日本時間で16:30に開かれるので、16:30くらいがチャートの動きが活発になる時間帯です。

22時過ぎくらいの時間でも値動きがあることが多いので、遅めの時間でもエントリーはしやすいですね。

 

AUD/JPY(オーストラリアドル/円)

オーストラリアドル/円の特徴としては、ドル円などと同じ方向に動くことが多いんですが、「ダラダラとトレンド方向に動き続ける」ことが多い通貨ペアなんです。

例えば下の画像のようなポイントがわかりやすいですが、トレンド方向にダラダラと動き続けることが多いんですね。

(上の画像は1分足ですけど、15分足など上位足でもそのように動く傾向が強いです。)

 

これはぜひ自分でチャートを見てみてください。

売り買いがあまりなくトレンド方向に動いている箇所が多いことに気がつけると思います。

 

そういうダラダラと動いているときに順張りをすると、かなり勝ちやすくなりますよね。

そのときにはラインを引いたりして反発ポイントを確認する必要はありますが、順張りがしやすい通貨と言えます。

 

ボラもある程度あって同値負けも少ない通貨ペアなので、こちらも慣れてきたら普段見るチャートの中に入れてみることをおすすめします。

 

オーストラリア市場は日本時間で冬が午前9時、夏が午前8時に開くので朝に一気に動くことが多いです。

ただ夜の時間帯も値動きはあるので、仕事終わりなどにチャートを見始める場合でも十分エントリーは可能です。

 

通貨ペアにはそれぞれ癖がある

今回は4つの通貨ペアについて話してきたんですが、通貨ペアにはそれぞれ癖というものがあります。

「こういう風に動くことが多い」

というような特徴があるんですね。

 

オーストラリア円はダラダラと一方向に動き続けやすい、というのもそうだし。

この記事ではご紹介していませんが、ポンド/円は他の通貨ペアよりもボラティリティが高く動きが大きい

などなど。

 

一つの通貨ペアを見続けていると、その特徴がなんとなく見えてくることがあります。

それが見えてきたら予想が外れることも少なくなり、勝ちやすくなっていきます。

 

どういう手法を使ってるかによってもどの通貨ペアがエントリーしやすいかは変わってくるので、

まずはドル円、ユーロドルをしっかりと見れるようになって特徴を掴み、その後にユーロ円、オーストラリアドル円も見るようにしてみてください。

 

その4つで基本的には大丈夫なんですが、余裕があれば他の通貨ペアも見るようにしてみると、

あれ、この通貨ペアエントリーしやすいな・・・

という気づきがあるかもしれません。

ポン円なんかは見ている人が多いですよね。

 

バイナリーオプションで利益を出すためには手法や資金管理、メンタルも非常に重要ですが、通貨ペアの癖を掴む、というのも大切です。

そのためにはとにかく毎日チャートを見続ける、ということが必要になってきますね。

 

まだ初心者でなかなか勝てない、という方は下の記事で勝ち方について解説しているので、そちらも合わせて読んでみてください。

初心者が最速で勝つ!バイナリーオプションの勝ち方マニュアル

2020年11月15日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です