バイナリーオプションでエントリータイミングは超重要!勝てるタイミングは?

どうもツキヤです。

 

バイナリーオプションは基本的に短期取引なので、「エントリータイミング」が勝つためにめちゃくちゃ重要です。

 

エントリーした数十秒後に逆の方向に一時的に動いたりして、

「これレート操作されてんじゃねーか・・・?」

と悔しい思いをしたことがある人はかなり思います。

 

僕はそんなことがもう数え切れないほどあります。

その度にメンタルがやられるんですよね笑

 

で、今回の記事では

勝つための最適なエントリータイミングは?

ということで話していきます。

 

勝ちやすいエントリータイミングを見つけるキッカケになるはずなので、ぜひこの先を読み進めてみてください。

 

この記事でわかること

・エントリータイミングの種類がわかる

・自分に合ったエントリータイミングがわかる

・具体的な勝ちやすい手法がわかる

 

エントリータイミングと自分の性格の関連性

まず勝ちやすいエントリータイミングを探るためには、自分の性格を知るのが絶対に必要だと僕は感じていて。

それぞれの性格に合ったエントリータイミングがあるんですね。

 

 

よく、

この手法なら誰でも勝率70%以上確定!

みたいな情報商材が数万円で売られていたりしますけど、ほとんどの人がそれを買っても勝てないわけですが、

その理由の一つに「購入者の性格を無視している」ということがあって。

 

仮にその手法が本物で、作成者は勝てていたとしても、その作成者と購入者が違う性格ならそれを生かすことができないんです。

 

例えば野球で盗塁が得意な人が盗塁のコツを教えたとしても、相手がそもそも足で勝負するタイプの選手でなかったら意味がないですよね。

バイナリーオプションの情報商材は、野球で言うなら「盗塁のコツ」を「野球が上手くなるコツ!」と風呂敷を広げて宣伝し、販売しているようなものなんです。

 

「これさえ買えば誰でも勝てるようになります!」みたいに宣伝しているから情報商材はおかしいのであって。

 

バイナリーオプションの手法に誰もが勝てるものは存在せず、性格によって合う手法が変わってくる、ということはまず知っておくべきだと思います。

 

バイナリーオプションのエントリータイミングは主に4つ

バイナリーオプションのエントリータイミングは、大きく分けて4つあると僕は感じています。

 

主なエントリータイミング

・ブレイクエントリー

・波乗りエントリー

・タッチエントリー

・ローソク足確定後エントリー

 

そしてグループとしては、

 

グループA

ブレイクエントリー

波乗りエントリー

 

グループB

タッチエントリー

ローソク足確定後エントリー

 

に分類することができます。

 

ブレイク、波乗りエントリーが向いている人

ブレイクエントリーは、例えばトレンドになっているところにチャネルを引いて、そこをブレイクしたらエントリーする、といった手法です。

 

波乗りエントリーは、ブレイク後にトレンドに入るところでその流れに乗って順張りしていく、という手法ですね。

 

<ラインブレイクエントリーの例>

 

<波乗りエントリーの例>

 

どちらも明確なエントリータイミングは無く自分の感覚で入るタイミングを見つける必要があります。

 

この2つのエントリーが向いているのは、

・思い切りが良い人

・慎重になりすぎない人

なのかなと思っています。

 

僕の失敗談

僕は少し前まで、ブレイクエントリーを主に行っていました。

上位足で環境確認をしながら1分足でトレンドラインを引いて、そこを割ったらエントリーするという手法なんですけど、一時期勝ち越せてはいたんですがある時から全く勝てなくなってしまったんです。

 

その手法自体は人から教わったもので、それでかなり高い勝率を出せている人もいたので「勝てる手法」ではあったんです。

でも僕はなかなか安定して勝てなかった。

もちろん単純に知識やスキル不足な面もあったと思うんですけど、僕は昔からめちゃくちゃ「慎重」な性格をしていたんです。

特にお金が絡むことはかなり慎重で、少しの浪費もしたくない、まあクソほどケチな性格でした笑

 

バイナリーオプションはエントリーして負けたら資金を失うわけで、どうしても慎重になりすぎて「タイミングが遅れてしまう」ことが多々あったんですね。

 

この前こんなツイートをしたんですけど、

 

「勝てる手法」を実践してみて勝てなかったことで、性格によって自分に合った手法は違ってくると気づいたんです。

万人が勝てるような必勝法は、人それぞれ性格が違う以上は「存在しない」ということが言えますよね。

 

勝てる手法は世の中多くありますが、

・思い切りが良い人

・慎重過ぎない人

はその中でこの2つのエントリーは試してみると勝てる可能性がかなり高いんじゃないかなと思います。

 

タッチエントリー、確定後エントリーが向いている人

タッチエントリーというのは、サポートラインやレジスタンスラインを引いておいて、そこにタッチしたタイミングでエントリーする手法。

 

ローソク足確定後エントリーは、ローソク足が確定して次足に移るタイミングでエントリーする、という感じですね。

 

<ラインタッチエントリーの例>

上位足でラインタッチを確認

下位足でタッチした瞬間にエントリー。次足で陰線をつけて勝ち

 

<ローソク足確定後エントリーの例>

 

僕は今主に「タッチエントリー」に取り組んでいるんですけど、これの何が良いってエントリータイミングがわかりやすいんです。

上位足をまず確認して相場の全体的な方向性を見て、反発しそうなポイントを15分足や5分足で確認してラインを引いておき、最終的に1分足を見てラインにタッチしたらエントリーする。

ラインにタッチした瞬間に有無を言わさずエントリーすると自分の中で決められるので、精神的な負担も少ないんです。

 

ブレイクエントリーだと自分でタイミングを決断しないといけないので、そこが僕の場合はどうしても難しかったんですよね。

タッチエントリーなら精神的なプレッシャーも少なく、仮に負けたとしても自分の中で割り切りやすいのでかなりやりやすいです。

 

ローソク足確定のタイミングでエントリーするのも、足が切り替わるタイミングでエントリーすれば良いので非常にエントリータイミングが計りやすいですね。

 

この2つのエントリータイミングは、

・ブレイクだとタイミングが取りづらい

・慎重な性格で決断するのが苦手

こういう人に向いている手法なのかなと思います。

 

このように、手法によってもエントリータイミングは大きく違ってくるので、自分の性格をまずは知って合いそうなものを探す、ということも大切になってきます。

 

エントリー時間について

バイナリーオプションはエントリータイミングと同じくらい「エントリー時間」も重要になってくるんですけど、

どの時間足をベースで見ているかで変わってきます。

 

例えば1分足のチャートの形をベースにしてエントリーする場合、5分以上だとまくられて負ける可能性があるので、1分か3分判定。

5分足チャートをベースに見てエントリーする場合は、5分判定や15分判定でエントリーすると勝てることが多いです。

 

僕は1分足チャートを見て最終的にエントリータイミングを決めることが多いので、3分判定でエントリーすることが多いです。

 

 

ただ上位足でしっかり環境認識ができていれば、長めの判定時間でも勝てることが多いんですけどね。

例えばレジスタンスラインタッチで逆張りをする場合、1時間足でちょうどレジスタンスラインを実体が大きい陽線でタッチしにきてる場合、下位足でも一度下がる可能性が高いんです。

陰線の場合もまたしかりで、一度上がって陽線をつけやすい。

 

1時間足のレジスタンスライン(サポートライン)となるとFXのトレーダーも注目しているポイントで、一度売りが入るタイミングでもありますからね。

そういうポイントでラインタッチでローエントリーすると、綺麗に下がってくれることが多いです。

 

バイナリーオプションは基本的に1分足の動きを見てエントリータイミングを測っていくんですけど、上位足の動きというのも勝つためには絶対にチェックする必要があります。

 

勝てない時はエントリータイミングを変えてみる

勝てる手法を勉強したとして、なかなか勝てるようにならないこともあると思います。

上の方でも話しましたけど、僕もそのような状態になったことが何度もあります。

 

「これだけちゃんとやってるのに、なんで勝てないんだ・・・?」

勝てないと手法のせいにしてしまったりしますけど、

3ヶ月以上実践してもその手法で勝ち越せる気配がない場合は、手法を変える勇気を持つというのも大事です。

 

もちろん手法だけ勉強してもイナリーオプションは勝てるようにならないので、基本的な知識は勉強している前提での話です。

ダウ理論、エリオット波動、グランビルの法則、ロールリバーサル(リターンムーブ)あたりは必須の知識だし、資金管理なども覚える必要があります。

 

それらの知識がある前提で、どの手法を使うか、という話になってくるんですよね。

 

イメージ的には下の画像のような感じです。

 

 

さまざまな知識や経験がある前提で手法が加わることで、ようやく利益を得ることができます。

 

手法に良いも悪いもない

手法を重要視する人が多いですけど、実は手法はそこまで重要ではないんです。

その土台となる知識がしっかりと身に付いていれば、どんな手法でも極論を言えば勝てます。

 

手法自体に良い悪いは正直なところありません。

ただ今回の記事で話してきたように、手法にも「相性」があります。

慎重になりすぎる人にはブレイクエントリーが向いていなかったり、逆にブレイクした瞬間の方がエントリータイミングを測りやすい、という人もいたりします。

まずは勝率が高そうな手法を実践してみて、それが自分に合わなそうなら他の手法を試す勇気も必要だなって僕は思います。

 

手法については下の記事でもご紹介してるので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションの手法は1つに絞るべき理由【勝てる手法も紹介】

2021年2月25日

 

手法を買う必要はない

勝てる手法は、ネットを探せばいくらでも無料で見つかります。

この記事で紹介している「レジスタンスライン(サポートライン)逆張りエントリー」でも勝っている人はいるし、

グランビルの法則の「初押し、初戻り」のタイミングでのエントリーで勝っている人もいます。

 

「この手法ならサルでも勝率70%以上確定!」

みたいに仰々しく宣伝している手法も、正直中身は大したことないんですよね。無料で探せばいくらでも見つかるようなものだったりします。

お金を出して買うのはおすすめできないです。

 

勝てる手法を求めているうちは、勝率は上がってこないのかなと思います。

バイナリーオプションに必要な知識があれば、自然と自分に合った手法を自分で思いついたりもしますからね。

小手先のテクニックよりも土台の部分が重要です。

その辺りは下の記事もぜひ参考にしてみてください。おすすめの勉強方法について解説しているので。

バイナリーオプションはどんな勉強方法で初心者でも稼げるようになる?

2020年11月23日

 

エントリータイミングまとめ

今回はバイナリーオプションの「エントリータイミング」について話してきましたが、バイオプは短期取引が主になるのでかなりタイミングって大事なんです。

少し遅れるだけで同値負けする、といったことが本当によく起こるんですよね。

なので自分がやりやすいエントリータイミングの手法を見つける、というのが重要になってきます。

 

エントリータイミングは主に

・ブレイクエントリー

・波乗りエントリー

・タッチエントリー

・ローソク足確定後エントリー

に分かれるので、どれが自分はやりやすいかぜひ色々試してみてください。

 

いきなり実弾エントリーでは無くて、デモトレードで勉強したものを試してみることをおすすめします。

デモトレードでの練習はこちらからできます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です