ハイローオーストラリアの評判はどんな感じ?みんなの不満や注意点は

ハイローオーストラリア評判

どうもツキヤです。

 

今回は、海外のバイナリーオプション業者である

ハイローオーストラリア(HighLow.com)の評判

について紹介していきます。

 

ネットを調べると悪い評判の方が目立つとは思うんですけど、実際のところはどうなのか。

 

僕自身も2年間以上ハイローで実際にお金を入金して取引しているので、その実体験も踏まえて紹介していきます。

 

これからバイナリーオプションを始める人には絶対に知っておいて欲しい内容が多いので、

実際に取引を始める前に、ぜひ読み進めてみてください。

 

ハイローオーストラリアとはそもそもどんな業者か

ハイローオーストラリアとはそもそも

そもそもの話でハイローオーストラリア(HighLow.com)とはどういうバイナリーオプション業者かというと、簡単に言うと「バイナリーオプションの代名詞」的な存在の業者です。

バイナリーオプションを始める場合、まずこのハイローオーストラリアで取引を始める人がほぼ100%と言っても過言では無いくらい、一般的な取引業者ですね。

 

バイナリーオプションと聞くと、

値上がると思ったらハイ、値下がると思ったらローでエントリーするあれでしょ?

とイメージする人がほとんどだと思いますが、そのハイロー取引ができる業者です。

 

実際にどういう取引ができるかは、無料で取引を体験できるデモトレードという機能があるので、それをまずは触ってみるのが良いです。

触ってみれば、すぐにどんな業者からわかりますからね。

デモトレードはこちらからできます

 

海外バイナリーオプション業者の安全性について

海外業者の安全性は

海外業者と聞くと、不安を覚える人も多いと思います。

日本の金融庁は海外バイナリーオプション業者は認めてないみたいだけど、本当に使って大丈夫なの?

と。

 

実際にハイローオーストラリアは金融庁から、「無許可で営業している無登録業者」と名指しされ利用の注意喚起がなされています。

↓赤枠の「HLMI Ltd」がハイローオーストラリアのこと。

金融庁ハイローオーストラリア未認可

参照元:無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について|金融庁

 

ただ金融庁から注意喚起は為されているものの、普通に取引する分には危険性は無く「安全」と言い切れます。

 

クレジットカードを利用できる=安全性の担保

なんで安全と言えるかというと、クレジットカードで入金できるから、なんですね。

 

ハイローオーストラリアでは、VISA、マスターカード、JCBのクレジットカードブランドを使うことができます。

ハイローオーストラリアクレジットカード会社

 

それで実は、クレジットカードは取引先の審査があり、信頼性が薄いと判断された店舗や業者は利用することができません。

 

詐欺的な店舗などの利用を許してしまうと、クレジットカードそのものの信用を失うことに繋がったり、被害の補填をする必要が出てきますからね。

クレジットカードが扱えている時点で、クレジットカード会社から「このサイトは信頼できる」と認めてもらえていると言え、ある程度の安全性が担保されていると言えるんです。

 

クレジットカードブランドによって審査の厳しさが違い、

 

クレジットカードブランドの審査の厳しさ順

マスターカード → VISA → JCB

 

の順番で厳しくなっています。

 

マスターカードは登録審査が比較的緩く、JCBは審査が厳しい傾向にあります。

なのでJCBを取り扱っているということは、その厳しい審査を突破していると考えられ、安全性も高まります。

 

ただ、例えばVISAのカードならすべてのカードで入金ができるかというとそうではなくクレジットカード会社によっては入金しようとすると拒否されるケースもあります。

 

ツキヤ

僕は三井住友カードとセゾンカードを持っているんですが、三井住友カードだと入金ができず、セゾンカードだと入金ができる状態です。

すべてのクレジットカードで入金できるわけではない、というのは注意が必要なポイントです。

 

クレジットカードが使える時点で一定の安全性は担保されていますが、例えば日本のGMOなど国内のバイナリーオプション業者に比べると信頼性は薄い、ということが言えますね。

 

ハイローオーストラリアの悪い評判

ハイローオーストラリア悪い評判

それではここからは、実際のハイローオーストラリアの評判を良い評判と悪い評判、両方についてご紹介していきます。

まずは悪い評判から、SNSやQ&Aサイトの書き込みからご紹介していきます。

 

口座凍結される

評判として最も見聞きすると言っても良いのが、口座凍結について。

この部分はあなたも心配しているところだと思います。

 

ハイローオーストラリアの口座凍結についてお聞きしたいです。先日取引をして出金しようとしたところメールで写真のような形で口座凍結されました。

色々調べていると審査みたいなのが入り、問題なければ解除されるとのことですが、本当なのでしょうか?また、その期間はどれくらいなのでしょうか?

ちなみに出金額は30万ほどです。以前この額でも出金ができており、多額出金に該当はしないと思ったのですが…

質問URL:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14251833234?__ysp=44OP44Kk44Ot44O844CA5YeN57WQ

 

ハイローオーストラリアで口座が凍結されました。

入金の際に間違えて解約したカードの番号を入れてしまい入金エラーが表示され、メールで口座凍結のお知らせがきました。

質問URL:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12256127187?__ysp=44OP44Kk44Ot44O844CA5YeN57WQ

 

 

Yahoo知恵袋やSNSなど、ちょくちょく凍結されたという評判は目にします。

 

口座凍結に関しては、はっきりとした基準はわかっていません

口座のトータルの利益が1000万円を超えたら凍結する、連打しまくったら凍結される、などと言われていますが、ハイロー側は基準などは全く公開していませんからね。

 

ちなみにこれはあくまでも噂ですが、以下のようなことをすると凍結される可能性が高いようです。

口座凍結の原因と思われること

・一日の利益が69万円を超える

・一つのポイントで連打をして複数エントリーをする

・マーチンゲール法を使う(自動売買ツールでよく使われる手法のため)

・配信で複数の人と同時にエントリーする

 

 

ただ「普通に取引してたのに凍結された」といった、ネット上にある評判を鵜呑みにするのはやめた方が良いです。

利益の総額が1000万円を超えたら凍結する、などは話半分に聞いた方が良いということですね。

 

なんでかというと、その人がどんな取引方法をしているかわからないからです。

 

1つのエントリーポイントで何回も連打するような取引方法をしているかもしれないし、

マーチンゲール法を使っているかもしれないし、

配信グループに所属して、複数人で同時にエントリーしているかもしれません。

 

真っ当の価値観が人によって違う可能性があり、はたから見るとその人は普通に取引しておらず違反行為すれすれの手法で稼ぎ、凍結されている可能性もゼロではありません。

 

 

ハイローオーストラリアはかなり多くのユーザーがいるはずですが、実は口座凍結についての口コミをしている人ってそこまで多くないんですよね。

マーチンゲール法や連打など、不正を疑われるような取引をしていなければ凍結される心配はないのかなと思います。

まずはハイローの利用規約をよく理解しておくことをおすすめします。

 

あとは一気に稼ぎすぎるのも注意です。1日に69万円以上稼いだら凍結される、という評判もありますからね。

まあ連打エントリーなどをしなければ、そんな1日に利益を上げることはないと思いますけどね。

 

 

正直口座凍結に関してはかなり不安だと思いますが、仮に真っ当に取引をして凍結されたとしても、その頃にはまとまった資金とトレードスキルが身に付いているはずなので、

他のバイナリーオプション業者を利用したり、FXを始めるなどすれば問題ありません。

 

始める前に不安がっていては何も変わらないので、まずは始めてみることが大切です。

 

約定拒否する

エントリーするときに約定拒否される、という評判も散見されます。

 

 

約定拒否というのは、エントリーが確定せずに弾かれてしまうことで、これが頻繁に起こるという評判が多く見受けられますね。

 

この業者自体が詐欺だろ

ハイローオーストラリア自体が詐欺業者だろ

みたいな評判も中にはあり、その口コミが怖くて始められない人もいるかもしれません。

 

HighLow Binary Options (ハイローオーストラリア/ハイローバイナリーオプション jp.highlow.net)は非常に悪質な詐欺業者と思われます。根拠は知恵ノートにまとめてあります。

質問URL:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14167747594

 

 

これは僕自身、2年以上ハイローオーストラリアを使ってきてはっきり言えるのが、

ハイローオーストラリア自体は詐欺業者ではなく、しっかりとした取引業者

だと言うことです。

 

ハイローオーストラリアを利用して、ツールを販売したり、クソみたいな高額コンサルを売りつける人間はいても、業者自体はちゃんと安全に取引ができる業者です。

 

 

こういう言い方をすると反感を買ってしまうかもしれないんですけど、詐欺だとか言ってる人たちは「努力をしなかった人たち」だと思うんですよね。

 

バイナリーオプションは「簡単に稼げる!」みたいに言われてたりして、生半可な気持ちで始める人が多いですけど、そんな簡単に勝てるようになるものじゃないんです。

正直、投資の類で勝てるようになるまでが最も難しいと思います。

 

もし簡単に勝てるんだったらほとんどの人は辞めないし、もっと多くの人が取り組んでいるはずです。

でもそうじゃないのは、勝てるようになるまでの道が険しいからなんですね。

 

ツキヤ

僕は2年以上ほとんど利益が出ない状態が続いて、

数十回は「こんなので稼げるわけないだろ、アホらし」「特別な才能が無いと稼げるようになれないんじゃないか・・・」と心が逝きかけました。

そこを乗り越える必要は絶対にありますね。

 

簡単に勝てると聞いたのに、全く勝てないじゃないか。詐欺だ!!

詐欺だと叩く人はみんなこんな論調ですよね。

 

ハイローオーストラリアで取引することで利益を上げている人は、僕が知っている人でも数人いるんですけど、その人たちはめちゃくちゃ努力してるんです。

生半可な気持ちで取り組んで勝てるようになれた人は、僕は知りません。

 

そして自分からは言わないだけで、稼ぎ続けている人は他にも日本中に多くいるはずです。

 

ハイローオーストラリア自体は詐欺業者でもなんでもなく、まっとうな業者ということは知って欲しいです。

稼げるようになるには、努力は必要ですけどね。

 

ハイローオーストラリアの良い評判

ハイローオーストラリア良い評判

次に、ハイローオーストラリアの良い評判を紹介していきます。

 

特に無い

「良い評判は〇〇です」みたいに紹介したかったんですけど、正直「無い」んですよね笑

ハイローオーストラリアで実際に取引をしている様子をアップしている人はいても、良い部分を具体的に批評しているような人はいません。

 

なんでもそうですけど、自分が良いと思ったことを実際に口に出す人って実はかなり少ないんです。

カップルとか夫婦でもそうですよね。実際に感謝を口に出すことはなくても、心の中では相手に感謝している、みたいな。

でも文句はつい口に出してしまう、そういうものです。

 

いちゃもんをつけたり、文句をつける人の方が世の中圧倒的に多いんです。特に投資においては損をする人の方が圧倒的に多いので、それが顕著です。

だから悪評の方が多く目につきます。

 

 

ただバイナリーオプションについて調べてみると、圧倒的に話題に出ているのがやはりハイローオーストラリアなので、海外業者の中でも「利用者がナンバーワンに多い」ということが伺えます。

 

ツキヤ

僕の知人でバイナリーオプションをやっている人も、全員がハイローオーストラリアで取引をしてます。

それ以外の業者を使っている人は、正直見たことがないです。

 

その事実だけでも、良い評判と捉えることができます。

 

逆に利用者の評判がなく、アフィリエイターっぽい人しか話題に出していないような業者は、使うのは少し気をつけた方が良いです。

 

現状はハイローオーストラリアが問題なく使えているので、そこを使うのが安パイと言えますね。

 

僕自身が使った上での評判を話します

ツキヤハイローオーストラリア評判

僕はバイナリーオプションを始めて2年以上経ちますが、ハイローオーストラリアでしか取引したことがありません

2年以上使っていれば良い部分と悪い部分が見えてくるわけですが、ここからは

 

僕自身が感じたハイローオーストラリアの感想

を悪い感想、良い感想ともに書いていきたいと思います。

 

忖度なく、クソだと思う部分はクソだとはっきり言うし、良いと感じる部分は良いと言うので、ある程度参考にはなるんじゃ無いかなと思います笑

これからハイローオーストラリアでバイナリーオプションを始めようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

同値負けがクソ

ハイローオーストラリアは、エントリー時の価格と判定時の価格が同じだと「同値負け」と言って負け扱いになります。

 

それっておかしいだろ」と感じますけど、昔は同値負けは引き分け扱いで資金が戻ってきていたんです。

 

なぜ負け扱いになったかというと、同値引き分けの仕組みを使った30秒取引の裏技的な手法が以前流行ったから、なんです。

動きが全くないレンジ相場で30秒エントリーするとまず負けない、というような手法が以前存在して、そんなやり方が流行ってはハイロー側にとっては大きな損失を生んでしまうわけです。

一部のズルをする人間のせいで、真っ当に取引しているユーザーが割を食ってしまった、という感じですよね。

 

ただ同値なら負けても勝っても無いんだから本来返金すべきところを、お金を没収されるわけです。

運営を続けるための事情とは言え、ここは正直クソな部分です。

 

約定拒否が多い

急な値動きが起きた時や、ローソク足が確定する瞬間(00秒)にエントリーしようとするとエントリーが確定せず、弾かれてしまうことがちょくちょくあります。

評判のところでも約定拒否については触れましたけど、これは僕も実際によく感じることです。

 

これが結構厄介で、数時間待って「ここだ!」とタイミングを見計らったところで約定拒否されるとかなりメンタルに来ます。

逆に約定拒否されることで負けを回避できることもあるんですけど、勝ちもそれ以上に弾かれてしまうので、ここも微妙なポイントです。

 

ツキヤ

急に相場が動いた瞬間に入ると拒否されるので、一拍置いてエントリーするのが良いです。

順張りなら一旦戻ったところで入ったり、00秒エントリーなら59秒くらいでエントリーする、などですね。

 

スマホだと画面が固まる

ハイローオーストラリアは最近サイトがリニューアルされたんですけど、スマホで取引画面を見ると値動きが固まることがよくあるんです。

タイミングを見計らっているときに固まられると、一度画面を更新しないと治らないのでかなり不便なんですよね。

 

僕はPCでしか取引しないんですけど、スマホを使われる場合は注意した方が良いです。

できるならPCを用意してパソコン版で取引した方が、間違いなく取引はしやすいと思います。

 

ツキヤ

これは僕だけかもしれないんですけど、PC版でもログインしたあとに1分などターボ取引の相場の価格が見れないことがあるんです。

一時的な不具合かもしれないんですけどね。

更新を一度か二度すれば表示されるんですけど、そこもちょっとどうにかしてもらいたいですね。

 

一部のクレジットカードで入金できない

上の方でも話しましたけど、一部のクレジットカードは対応しておらず、入金ができません。

持っているカードが対応していない場合は銀行振り込みになるんですけど、銀行振り込みだと確認作業が入るので、どうしてもリアルタイムに反映してもらえないんですよね。

 

また海外の業者に対して銀行振り込みすること自体に抵抗がある、という人もいると思います。

 

そこはデメリットになってくると思いますね。

 

ツキヤ

三井住友カードは入金できないと言いましたが、他だと楽天カードも対応していないようです。

もしその2つしかカードがない場合は注意が必要です。

 

入金、出金とも問題なくできる

ここからは僕の中での良い評判を話していきたいんですが、ハイローオーストラリアは入金、出金ともに問題なくできます。

 

やはり多くの人が心配するのは、「ちゃんと稼いだ分を出金できるかどうか」という部分だと思いますけど、僕自身出金申請をして何か問題が起きたことは一度もありません。

早くて1日後には入金してもらえてます。

 

稼ぎすぎて口座凍結を食らった場合(限定凍結)でも出金自体はできるので、そこは安心して取引して大丈夫です。

よほどハイローが規約で禁止している不正を行なって完全凍結されない限りは、その辺りの心配は入りません。

 

限定凍結:エントリー金額が5000円に制限され、同時に複数のエントリーができない。入出金可能

完全凍結:エントリーすること自体ができなくなる。入出金不可

 

サイトが使いやすい

僕はハイローオーストラリアでしか取引したことがないんですけど、デモトレードで他の業者、「ザ・オプション」や「Bi-winning」などを触ったことがあるんですけど、

やっぱりハイローに比べると取引がしづらいんですよね。

なんか画面がごちゃごちゃしていて、「直感的にエントリーできない」という感じです。

 

もちろんその辺りは人によって感想が変わってくるとは思いますが、僕はハイローが画面がシンプルだし、エントリーも直感的にできて圧倒的に使いやすいと感じます。

 

判定時間が固定でない

ハイローオーストラリアは、ターボ取引の場合エントリーしたタイミングから事前に選んだ判定時間後に確定となりますよね。

例えば1分取引をする場合、24分30秒にエントリーしたら25分30秒に確定します。

 

ハイローオーストラリア判定時間特徴

↑の画像のように、3分エントリーなら3分後ちょうどにエントリーが確定。

 

実はそれってハイローオーストラリアのターボ取引だけなんです。

 

他の業者、例えばBi-winningだと、24分10秒に1分判定でエントリーをすると25分ちょうどに確定する、というように確定する時間が固定されています。

なので、ハイローオーストラリアと他の業者ではエントリーの感覚がかなり変わってきます。

 

僕はハイローの仕組みの方が、より感覚的に取引ができてやりやすく感じますね。

 

 

僕の中での悪い評判、良い評判はそのような感じです。

 

ツキヤ

正直使っていて、大きな不満点はないです。

何かトラブルに見舞われたこともなく、安全性もかなり高いですからね。

 

ハイローオーストラリアの評判まとめ

投資に関しては、稼げない人の方が圧倒的に多いのでどうしても悪評ばかり目立ちます。

特にバイナリーオプションは簡単さがフィーチャーされがちで、言い方は悪いですが大した努力もせずに短期間で稼げなかったからと悪い口コミを流している人をよく目にします。

 

悪い評判が多いのが当たり前、ということはまず理解しておいた方が良いです。

 

 

ただハイローオーストラリアに関してはユーザーがかなり多く、

バイナリーオプション=ハイロー

と言っても過言ではないくらい広く認知されている業者です。

 

これからバイナリーオプションをやるならここ一択と言って良いので、まずは口座開設をぜひしましょう。

口座自体は数分で簡単に作れます。

→ 5000円分キャッシュバック付きの口座開設はこちらから

 

 

ハイローで稼ぐには、やはり簡単ではありません。

ですが、一度稼げるようになれば経営者レベルで稼ぐことができるし、そのスキルはそのままFXや株取引にも生かせます。

 

よく「口座凍結されたらどうすれば良いだろう・・・」と不安がる人がいますが、凍結されている頃には資金やスキルをあなたは持っているので、心配する必要は一切ないんですよね。

ハイロー以外にもバイナリー業者はあるので、そこを使うのでも良いし。

 

人によっては稼げるまで1〜2年以上はかかりますが、言い方を変えれば「数年で人生を変えられるチャンスがある」わけです。

才能もぶっちゃけ必要ないです。バイナリーオプションは「期待値をただ淡々と追うだけのゲーム」なので。

 

普通、世間一般的ないわゆる良い人生を歩もうとすると、良い大学に入るために受験勉強を必死でし、さらに大学を卒業する時間も考えると「6年」くらいは最低でも時間を使うわけですよね。

 

実は、バイナリーオプションほど割りの良い努力もないんですよね。

 

このブログにたどり着いたのも一つの大きなきっかけなので、ぜひ始めてみてください。

初心者の人は、まず下の記事を読むことをおすすめします。

初心者が最速で勝つ!バイナリーオプションの勝ち方マニュアル

2020年11月15日

 

この記事を書いた人
ツキヤ
2019年末にバイナリーオプションを知り、2020年から本格的にスタート。2021年11月には10連勝を達成し、半月で残高を5000円から8万円にする。自分自身が負け続けて苦しんだこと、勝つために必要だと感じた知識などをブログやTwitterで発信しています。

詳しい自己紹介はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。