ハイローオーストラリア30秒に攻略法はある?勝つためのコツは

ハイローオーストラリア30秒

どうもツキヤです。

 

今回は

ハイローオーストラリアの30秒取引

について、その攻略法や具体的な手法を紹介していきます。

 

僕は正直言うと30秒取引は自分には向いていないと感じて今は使っていないんですが、コツを掴めれば勝ち越すこと自体はできます。

 

ただ向き不向きが非常に大きいので、まずデモトレードで「30秒取引とはどんなもんだ?」と実際に触ってみることをおすすめします。

それで自分に向いていそうなら、この記事の内容を参考にしていただいて、ぜひ実践してみてください。

デモトレードはこちらからできます

 

ハイローオーストラリアの30秒取引についての前提知識

30秒前提知識

YouTubeなどでハイローオーストラリアで取引している動画を探すと、30秒でエントリーしている動画が多くありますよね。

そういった動画を見て、「ハイローオーストラリアをやるんなら30秒取引で始めた方が良いのかな」と思っている人ももしかしたらいるかもしれません。

 

ただこの記事の中で詳しく話すんですけど、30秒取引はハイローオーストラリアの中で「一番難しい取引方法」と言っても良いんです。

 

YouTubeでよく使われるのは、派手でキャッチーだからなんですよね。

動画を見ててどんどん資金が増える様は見ていて気持ち良いし、「この人すごい!」と感じやすいから30秒で取引している人が多いんです。

 

ツキヤ

動画なら勝っているところだけを切り抜けば、「安定して勝っているトレーダー」に見せかけることもできますからね。

もちろん30秒でコツを掴み安定的に利益を出せる人も実際にいるので、動画を上げている人すべてが偽物というわけではありません。

 

30秒はペイアウト率2倍と、ハイローオーストラリアの中でもかなり利益を上げやすい取引時間です。

ただ他の時間と比べてペイアウトが高いということは、それだけ勝てる人も少ないことを示唆していますよね。

 

ツキヤ

ペイアウト率2倍は魅力が大きいんですけどと、それだけ難易度も高いということは初心者の人には知って欲しいです。

 

ノイズを狙ったエントリーが勝つコツ

詳しいやり方はこの記事の中で後述しますが、30秒で取引する場合、基本的にはいわゆるノイズを狙ったエントリーがやりやすいです。

 

ハイローオーストラリアのチャート画面で見たときに、↓のようにちょこっと飛び出たところで逆張りでエントリーすると勝てることが多いですね。

30秒ノイズ見本

 

ただ、そのちょこっと飛び出たノイズを見極めるコツを掴むのが難しいんです。

 

今の相場が「レンジ相場」であることを確認する必要が絶対にあり、

「一気に動いたし、逆張りだ!」

とよく相場を確認せずにエントリーすると十中八九負けます。

 

ツキヤ

今レンジ相場かどうかを判断するには、MT4やMT5を使ってチャートを見る必要があります。

初心者の人で、ハイローの画面のみで取引しようとする人がいますが、それはお金をドブに捨てるようなものなので、絶対にMT4を用意してチャートを見るようにしてください。

 

MT4については別の記事で見方や使い方など詳しく解説しているので、初心者の人は合わせてぜひ読んでみてください。

ハイローオーストラリアmt4チャート

【ハイローオーストラリア】MT4の勝つためのチャートの見方とは?

2022年5月2日

 

マーチンは厳禁

30秒取引をする際は、マーチン(マーチンゲール法)はしない方が絶対に良いです。

 

マーチン(マーチンゲール法):1000→2000→4000→8000のように、負けるごとに倍掛けしていくエントリー手法

 

30秒はポンポンとエントリーできてしまうので、マーチンしてしまうと一気に資金が溶ける恐れがあるのと、

メンタルのダメージもとてつもないことになり、やる気がなくなる大きな原因にもなりますからね。

 

あとは単純にマーチンを使うと口座凍結になる恐れがあるので、1回1回定額でエントリーした方が良いです。

 

ツキヤ

マーチンをするとなぜ口座凍結の恐れがあるかというと、

ハイローは自動売買ツールの使用を禁止していて、マーチンはその自動売買ツールでよく使われる取引手法なんです。

運営に「このアカウントは自動売買ツールを使っているのでは?」と疑念を持たれてしまい、口座凍結になる恐れが出てくる、ということですね。

 

ハイローオーストラリア30秒取引攻略法

30秒攻略法

30秒取引自体はしっかりと使い方をマスターすれば稼ぐことは可能ですが、そのための攻略法についてここからは話していきます。

具体的な手法云々の前に、知識として攻略のために知っておきたい事柄がいくつかあるので、ぜひ事前に理解してもらえたらと思います。

 

30秒攻略法

・今の相場を見極める

・RSIなどのインジケーターでレンジ相場を確認

・長期足も確認する

 

今の相場を見極める

上の方でも少し話しましたが、30秒取引は基本的に逆張りの方が勝ちやすいんです。

順張りで勝つこともできるんですけど、順張りできるポイントは中長期取引の方が間違いなく勝率が安定するので、あえて30秒を使うメリットが正直ありません。

 

それはどういうことかと言うと、

例えば「ここはもう下がり続けるだろう」という下降トレンドでも、少し陽線を出して戻ったりヒゲを出すようなことがありますけど、そういうところで30秒だと狩られてしまうんですね。

30秒トレンド順張り危険な理由

 

上のような場面は、5分や15分で入った方が綺麗に勝つことができます。

 

30秒取引を始める前に、

今はレンジ相場なのか、トレンド相場なのか、もうすぐブレイクしそうなのか

判断することが大切です。

 

トレンド相場やブレイク直前ならそもそも取引しない、と判断するのも勝つためには必要です。

 

RSIなどのインジケーターでレンジ相場を確認

今レンジ相場かどうかを判断するには、RSI移動平均線などのインジケーターが役に立ちます。

 

RSI

RSIを使う場合は、

期間:14

レベル:70.30

 

に設定し、一度も70か30レベルを超えることなく推移している場合はレンジ相場と判断できる一つの材料になります。

 

ツキヤ

ちなみにそういう時に、RSIが70か30に鋭角にタッチした時に逆張りすると勝ちやすかったりします。

 

移動平均線

移動平均線を使う場合は、まず期間を以下のように設定します。

短期:5

中期:25

長期:50

 

ツキヤ

上記の期間はネット上でよく紹介される基本的なものなんですけど、そのまま使っても良いし、自分の使いやすい数値に変更しても大丈夫です。

インジケーターはあくまでも目安ですからね。

 

中期、長期の2つが平行になっていて、そこを短期線がうねうね動いている状態はレンジ相場と判断できる一つの材料です。

短期:赤、中期:黄、長期:緑

移動平均線レンジ相場確認

 

ツキヤ

慣れてくるとローソク足を見るだけで今がレンジ相場かどうか判断できるようになりますが、

インジケーターを上手に使うことで相場の判断材料になるので、RSIと移動平均線はおすすめできるインジケーターです。

 

長期足も確認する

30秒取引をする時に1分足チャートしか確認しない、という人もいるかもしれませんが、それは非常に危険で、長期足チャートも必ずチェックするようにしてください。

 

最低でも15分足チャートからしっかり確認するのは必須です。

 

なんでかというと、1分足チャートだけ見たときに一見レンジに見えたとしても、長期足を確認するとトレンド真っ最中といったことがよくあります。

そういう時に1分だけを見てエントリーすると、ノイズと思ったところで反発せずにそのまま突破するということが頻繁に起こるんです。

 

ツキヤ

30秒で安定的に勝てる人は、間違いなく上位足の確認もしっかり行ってます。

一見簡単に勝っているように見えても、その裏にはちゃんと勝つ裏付けやコツがある、ということですね。

 

以上のことは攻略に必要な知識として頭に入れた上で、次から話す手法を使うと勝てる確率は上がります。

 

30秒取引おすすめ必勝法を紹介!

ハイローオーストラリア30秒手法

ここからは、30秒のおすすめ手法を1つ紹介していきます。

 

必勝法、までとは言わなくても、身につければ安定して勝ち越して利益を出すことは十分できるので、ぜひデモトレードで実際に練習してみてください。

デモトレードはこちらからできます

 

レンジ時の反発を狙ったエントリー

ドル円15分足レンジ確認 ドル円5分足レンジ確認 30秒逆張り必勝法

 

エントリー条件

・15分足、5分足チャートがレンジ相場になっている

・1分足で何度か反発されているポイントにラインを引く

・そのラインに長い足で勢い良くタッチした時に逆張りエントリー

レンジ相場か見極めるコツ

・15分足、5分足でRSI14が70と30にタッチしておらず、中央付近を推移

・ボリンジャーバンド(設定はデフォルトでOK)が狭い

・移動平均線がほぼ平行になっている

 

避けるべきポイント

・ラインにタッチする前にコマの陰線、もしくは陽線が何本か続き、ラインに到達

30秒逆張りスルーポイント

 

 

このエントリーは、これまでも触れてきたハイローオーストラリアのチャートで言う「ノイズを狙ったエントリー」です。

ただハイローの画面だけを見るのではなく、MT4でチャートを見てレンジ相場かどうかをしっかり分析する必要があります。

しっかりレンジ相場と確認した上で、ラインに対して勢い良く一本で到達した時に逆張りすると勝ちやすいです。

 

ツキヤ

ローソク足は基本的に「長い足で来た方が反発する可能性が高いです

そのことを知っているだけでも、他の手法を使う時にも役立ちます。

短い足で連続で来ると、避けるべきポイントで紹介したようにそのままじわじわラインを突破することが多いですね。

 

レンジ相場、かつ長い足でラインにタッチしているかどうか

を判断基準にしてみてください。

 

30秒取引はあまりおすすめできない4つの理由

ハイローオーストラリア30秒おすすめしにくい理由

今回30秒取引の攻略法について話してきたんですが、正直30秒判定を使うのはあまりおすすめはできません。

その理由が主に4つあるので、詳しく話していきます。

 

30秒をおすすめしにくい理由

・バイナリーオプションでしか使えない

・瞬発力が求められる

・熱くなるとあっという間に資金が溶ける

・中長期取引の方が安定する

 

バイナリーオプションでしか使えない

30秒取引は、基本的に一時的なノイズ(反発)を狙うものですが、それというのはハイローオーストラリア(バイナリーオプション)でしか使えなく潰しが効かない方法なんです。

 

ハイローオーストラリアでは、0.01でも勝てれば2倍ほどの資金が返ってくるわけですが、FXなどでは「値幅」を取らないと利益が上げられません。

それはつまり「順張りした方が稼ぎやすい」ということです。

30秒は値幅を取ることができないので、手法をFXに生かせないんですよね。

 

ハイローが使えるうちはそれでも問題ないんですけど、口座凍結されたり、ハイロー自体が無くなる可能性もゼロではなく、その時に一気に収入が無くなる危険があります。

 

瞬発力が求められる

今回紹介した手法もそうですが、30秒はかなり瞬発力が求められます。

ほんの1秒でもエントリーが遅れると不利になってしまうことが多く、慣れないと正直かなり難しいです。

 

ツキヤ

30秒は一瞬の気の迷いで負けたり、やっててかなり精神的に疲れるんですよね。

負けたら一瞬で資金も溶けてしまうし。

5分以上の取引はじっくり待てるので、精神的な負担は中長期の方が少ないです。

 

熱くなるとあっという間に資金が溶ける

負けた後って、資金を取り返そうと熱くなったりしますよね。

 

30秒取引が危ないのは、エントリーチャンスが多いので負けて熱くなると一気に資金を溶かしやすいんです。

30秒で安定して稼ぐには、負けても常に冷静にいられる心を持つことが求められます。

 

ツキヤ

少し連敗が続いて口座残高が減っているのを見た時に、自暴自棄になりがちな人は30秒はかなり危ないです。

僕はまさにそのタイプで、30秒は向いてないなと悟りました笑

 

中長期取引の方が安定する

トレードは基本的に、取引時間が短くなればなるほど相場の動きのランダム性が高まり、勝つことが難しくなります。

例えば主要なサポートラインをブレイクし、そのまま下落している場面でも、綺麗に陰線ばかり続いて下がるのではなく、陽線も混ざりながら落ちていくことが多いです。

 

「ブレイクして明らかに下だし、30秒で適当に順張りしてけば勝てるだろう」

と30秒でエントリーしてしまうと、途中の陽線で負けてしまうことがよく起こります。

 

相場の方向性を読めたら、15分など中長期でエントリーした方が間違いなく勝率は安定します。

それは攻略法のところでもお話しした通りですよね。

 

 

以上のことから、僕は30秒はおすすめしにくいし、自分ではあえて使う必要はないかなと感じてます。

人によっては30秒の方が自分に向いていると感じることもあると思うので、まずはとにかくデモトレードでトレードの練習をしてみるのが大事ですね。

デモトレードで30秒取引の練習をする

 

ハイローオーストラリア30秒で勝つコツまとめ

ハイローオーストラリアの30秒取引はペイアウト率が2倍なので魅力も高いんですが、デメリットも多くあります。

他の投資に同じ手法を流用しづらかったり、ハイローが無くなってしまったら潰しが効かないので、できるなら最低でも1分以上の取引手法を身につけて行った方が僕は良いかなと思います。

 

ツキヤ

もちろん30秒で稼いでいる人もいるんですけど、相性が人によって違ってくるし、30秒をマスターするなら5分取引などを練習していった方がトレードのスキルが上がり、後々楽になるかなと思います。

 

1分以上の必勝法となり得る手法については別の記事で紹介しているので、興味があればそちらもぜひ参考にしてみてください。

ハイローオーストラリアのターボ取引を攻略!時間ごとの勝ち方は?

2022年5月12日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。