長期足(日足、4時間足)がバイナリーオプションで稼ぐには超重要、という話

バイナリーオプションは基本的に1分や5分エントリーがメインになってくるので、「長期足」をあまり見ない人も多いかもしれません。

 

かくいう僕もこれまでその一人で、

1分とかの勝負なんだから長期足とか見てられっかよ、めんどくせ笑

みたいにほとんど見てなかったんですけど、最近になって

 

長期足を見ることの重要性

 

を骨身に染みるレベルで感じてるんですよね。

利益を出すためには必須だなと。

 

今回は、

バイナリーオプションにおける長期足の重要性

ということで話していきます。

これを理解するだけでも勝率が上がることはあると思うので、ぜひ読み進めてみてください。

 

長期足の重要性に気づいた理由

僕は基本的に1分足でトレンドラインを引いて、そのさらに下に他のチャネルがあるなど「下がる余地がある場所」でラインブレイクでローエントリーするという手法をメインにしています。

 

例えば下のようなポイント。

トレンドラインやサポートが綺麗に引けて、かつ最後ソーサー気味になっているので落ちるのが非常にわかりやすく、自信を持って打ち込るポイントです。

 

 

ただ続けてやっているうちに、10連勝したりと調子が良い時もあれば、勝ったり負けたりを繰り返す時期が長く続くこともあったんです。

同じ条件でエントリーしてるはずなのに、なんですんなり勝てない時期があるんだ?

と長い間疑問に感じてたんですけど、その原因が今回のテーマである「長期足」であることに気が付いたんです。

 

日足の中で短期足は動いている

調子が良い時のエントリーを見返してみると、長期足、特に日足が「陰線」になっていることに気がついたんです。

日足で何かしらの反発ポイントがあり、そこで陰線を出しているようなケースですよね。

 

日足が陰線ということは、今日の動きは「下目線」である可能性が高く、例えば5分足でダブルトップや三尊が現れた時はすんなり下がってくれることが多いんです。

そういう時にエントリーしていた日は、やっぱり勝率も高かったなと。

 

 

逆に日足が陽線の場合、1分足や5分足でダブルトップや三尊が現れても、そのまま下がらなくてさらに上に伸びていくケースが多いんです。

いわゆる上昇フラッグなどを作ったり。下がりそうなのに粘って反発して上がる感じです。

 

なんか最近勝てないなー。やってることは変わらないはずなのに・・・

と負け過ぎてメンタル崩壊しかけてた時は、日足が陽線の時が過去検証してみると多かったです。

 

長期足の方が優位性がある

バイナリーオプションをやっているとどうしても1分足とか5分足だけでトレードしてしまいがちですけど、基本的にチャートは「長期足の方が優位性がある」んですよね。

長期足の波形が相場の動きにそのまま直結してくる、ということです。

 

だから4時間足とかで一度下がって再び上がり、ローリバラインで反発して陰線をつけてる時とかは、1分足や5分足でも下がりやすい状態になっています。

 

それは知識として持っていたつもりだったんですけど、やっとここに来て本当の意味で腑に落ちた気がしてます。

日足が思いっきり陽線の時はローエントリーするのやめよ

って今は反省してますね。

 

やっぱり過去検証も大事です、マジで。

 

その日の最初は日足から確認する

 

バイナリーオプションをやる日は、まずは日足から確認していくのが良いですね。

 

日足→4時間足→1時間足→30分足→15分足

 

という流れで今の相場の位置や波形、反発ポイントなどを確認してトレードしていく。

 

どんな手法を使うかによっても変わってくるんですけど、僕は1分足でトレンドラインを引いて、それをブレイクしたらローエントリーするという手法をメインで使っているので、日足が陽線の時点でエントリーしないように今はしています。

基本ドル円とポンド円メインなんですけど、それらが上目線の場合は

「他に日足がいい感じで陰線になってるペアはないかな」

と探して、その通貨ペアで取引するようにしてます。

その方が短期足で下がる兆候が出た時に、すんなり下がってくれることがやっぱり多いなと感じてるので。

 

これがあなたがもしハイエントリーをしているのだとしたら、長期足(特に日足、4時間足)が陽線になっている通貨ペアを探すと、取引はしやすくなるのかなと思います。

日足や4時間足の状態に合わせて、ローエントリーとハイエントリーを使い分けるというのももちろんありですね。

僕はそれは難しいのでローに絞っているという感じです笑

 

バイナリーオプションで負ける要因は様々

バイナリーオプションが本当に難しいと思うのが、負ける要因になり得るものがかなり多いということなんですよね。

 

バイナリーオプションで負ける主な原因

・波形

・反発ポイントの有無

・今は高値圏か、底値圏か

・ローソク足の動き(プライスアクション)

・時間判定の選択

・長期足の状況

 

それらを踏まえてエントリーしないと勝率は安定してこない。

 

僕も11月にようやくまともに勝ち越せて、「これからは利益出しまくるぞ!」と息巻いて12月に入ったんですけど、どうも5割前後で停滞してしまったんですよね。

ちなみに11月の勝敗は下の記事で発表してます。

2021年11月のバイナリーオプションの成績を振り返る【勝敗発表】

2021年12月1日

 

それで負ける要因を探していたんですけど、そこで長期足の状態に行き着いた、という感じで本当に日々勉強だなと感じますよね。

実際にトレードをして負けてみないと、見えてこないものもかなり多いなと。

その見えてきたものを一つ一つ潰していくことで、無駄なエントリーを無くせて勝率も安定して来るのかなと思ってます。

 

 

バイナリーオプションは簡単さばかりフィーチャーされますけど、やっぱり一筋縄じゃ行かないですね笑

試行回数が絶対的に必要です。最低1年くらいはガッツリやって、ようやくチャートがある程度見れるようになる、という感じ。

 

でもだからこそ取り組み続ける価値があるし、勝てるようになると人生を激変させられる威力もあります。

なかなか勝てないからと途中で諦めてしまうのは、あまりにももったいなさすぎですね。

これだけ頑張って身につける価値があるスキルも他にないので。

 

バイナリーオプションは長期足もマジ重要

というわけでまとめに入りたいんですけど、今回とにかく伝えたかったのが

 

長期足(特に日足、4時間足)はマジで重要

ということです。

 

ここが意識できていないとどこかで必ず不調になる時期が来るし、不調になると自分の手法に自信を無くしてしまうんですよね。

自信を無くすとまたいろんな手法に手を出すジプシー状態に陥ってしまうので、「長期足の状態も負ける要因になり得る」ということを知っておくだけでも取引は安定して来ると思います。

負けたら常に負けた原因を探る、ということが本当に大切ですね。

この記事を書いた人
ツキヤ
2019年末にバイナリーオプションを知り、2020年から本格的にスタート。2021年11月には10連勝を達成し、半月で残高を5000円から8万円にする。自分自身が負け続けて苦しんだこと、勝つために必要だと感じた知識などをブログやTwitterで発信しています。

詳しい自己紹介はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。