バイナリーオプションで負け組の養分が10連勝を達成できた方法

バイナリーオプション10連勝

どうもツキヤです。

 

僕はバイナリーオプションを始めて1年半ほど経っているんですが、その間全く利益が出ていませんでした。

完全にハイローオーストラリアの養分でしたよね。

 

ただ今回人生で初めて10連勝を達成しました。

まぐれで達成できる記録ではないと思うので、実力が多少はついてきたのかなとは感じてます。

 

今回の記事では、

バイナリーオプションで負け組の養分が10連勝を達成できた理由

ということで話していきたいと思います。

 

まだバイナリーオプションを始めたばかりの初心者

今負け続けていて心が折れそうになっている

という人はぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

どんな人でも、勝ち越せるようには絶対になれます。

 

バイナリーオプションでの10連勝の内容

10連勝した時の取引内容はこんな感じです。

ハイローオーストラリア10連勝

 

これらの取引の中で意識していたことがいくつかあるので、ここからそれらについてさらに詳しく話していきます。

それらを意識するだけで勝てるようになるという人もいると思うので、参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

10連勝中意識したこと

・ローに絞った

・通貨を絞った

・手法を勝ちやすいもののみにした

・1日の取引数を4回までに制限する

・口座残高ごとにエントリー額を上げる

 

ローに絞った

画像を見ればわかりますけど、全部「ローのみ」のエントリーなんですよね。

 

これには理由が2つあって、

 

・ローの方がトレーダー心理的に追っかけやすい

・目線が定まり、エントリーしやすくなる

 

ということがあるんです。

 

大衆心理的に、相場が予想外の動きをした時に「買い」で入れる人はまずいなくて、大抵はまずはとにかく被害を最小限に抑えるために「売ろう」とします。

多くの人が売れば相場も下落し続けるので、ローを打てば勝ちやすくなります。

ローの方が流れに乗って取引しやすい、という感じですね。

 

 

あとは目線が下目線だけに絞られるので迷いがなくなる、ということもあるのかなと感じてます。

野球に例えると、ストレートと変化球両方に対応するよりも、狙い球を絞った方がヒットは打ちやすいんです。

バイナリーオプションは野球と違って「いくら見逃しても三振にならない」ので、自分の得意な狙い球だけを打つことができるわけなんですよね。

 

ツキヤ

ローに絞って、僕の場合は間違いなく取引はしやすくなったかなと感じます。

もちろんハイの方が取引しやすい人もいるかもしれませんけど、一度ローに絞ってみると取引が安定してくるかもしれません。

 

通貨を絞った

通貨ペアを「ドル円」「ポンド円」の2つのみに絞りました。

 

何個も監視すると、相場の状況や波形を把握するのがかなり難しいんですよね。

それにエントリーポイントが被ることもよくあるので、2つくらいが疲れることなく見られるのかなと感じてます。

 

ツキヤ

「何ペアも同時に見た方がチャンスが増えるんじゃないか?」

みたいに思ってしまいがちなんですけど、エントリーポイントが来るタイミングってどの通貨ペアも大体同じで、結局あんまり意味がないんですよね。

だったら一つ、多くても二つくらいに見るペアを絞った方が長期足の確認もしっかりでき、エントリーポイントを見定めやすくなります。

 

手法を勝てるもののみにした

僕は1年半ほどまったく利益が出てなかったんですけど、負け続けてるときはとにかく色々な手法に手をつけていたんです。

 

この手法もダメだった・・・、もっと負けない手法はないか・・・?!

 

みたいに完全手法ジブシーでしたよね。

少しでも負けが込んだら手法を変える、ということを1年半ほど繰り返してました。

 

ただどんな手法でも最初は負けるし、そこを乗り越えて使い続けないと勝てるようになれないなと手法探しをやめて、使ってて「使いやすいもの」のみに絞りました。

 

僕が10連勝した時は基本的に「ローの順張り

波形を見ながらチャネルブレイクや戻り売りの場面で売りに乗っかっていく、という手法に絞ってから安定して勝てるようになってきました。

 

例えばですけど、こんな波形が好きです。

 

◯エントリーポイント例1

10連勝エントリーポイント例1

 

◯エントリーポイント例2

10連勝エントリーポイント例2

 

共通で意識したいこと

・15分足が陰線(1時間足が陰線ならなお信頼度が上がる)

・5分足で上髭コマ足が確定

・5分足コマ足確定後、次足で1分足チャネルやラインブレイクでエントリー

・ブレイク直前でレンジを組み、ブレイクの力を溜めている

・すぐ下にレジサポライン、フィボナッチなど反発ポイントが無いことを確認

 

例1は三尊っぽい形(今回はソーサー気味なので下がると読めやすい)を作って、ネックライン付近で少し揉み合いながら上昇してのズドン。

例2はソーサー気味に高値を切り下げ徐々に収縮し、チャネルをブレイクしたらローというポイント。

 

そういった場所でチャネルを割ったところで3分ローで入れば、綺麗に勝てることが多いです。

 

その手法を試してみたいという場合は、まずはデモトレードで実際に取引の練習をしてみてください。

それでしっくりくるようなら、実弾でエントリーしてみるのが良いですね。

デモトレードはこちらからできます

 

 

別の記事で今回紹介した順張りロー以外の手法も解説しているので、興味があればそちらもぜひ読んでみてください。

ハイローオーストラリアに必勝法はある!最短で稼ぐための方法を解説

2022年7月18日

 

1日の取引数を4回までに制限する

これもめちゃくちゃ大事だと思ったのが、取引回数は絞った方が絶対に良いです。

経験上、1日に4回以上堅いポイントが来ることはそうそうないので、4回までに絞った方が取引も安定してくるのかなと。

 

資金が少ない時って数を打たないと増えていかないので、勝率が低いポイントでもエントリーしてしまったりするんですけど、

それをすると勝率が安定しないし、自分の手法にも自信が持てないしでなかなか勝てるようにならないんですよね。

 

 

どれだけポイントを絞っても負ける日も当然あるんですけど、そういう日は「相場に手法が合っていない日」が多くて、エントリー回数を増やせば増やすほど負けが込んだりします。

僕の場合なら、「レンジ相場」や「上位足(15分や30分足)が上目線」の時は相性が悪くて連敗することがよくあります。

 

ツキヤ

その日に負けをすぐに取り返そうとせずに、週ベース、月ベースで勝ち越せれば良いと常に考えておくのが勝率にも繋がってくるなと、10連勝を通じて感じました。

バイナリーオプションは、とにもかくにも勝ち越すことが本当に大事なので。

 

口座残高ごとにエントリー額を上げる

エントリー金額が低いままだと取引回数を増やさないと利益は増えていかないので、口座残高に合わせてエントリー金額を上げていく必要があります。

口座残高の10%以内が安全」と言われますけど、勝率が60%以上出せるのなら「20%」くらいでもOKです。

 

金額を上げるとプレッシャーが増えそうですけど、実は「楽に取引できるようになる」面もあって。

 

例えば1日2回勝ち越せたとすると、1ヶ月の勝ち越しは40回ほどですよね。

ペイアウト率1.9倍として、40回勝ち越せると

1万円エントリーなら36万円

5万円エントリーなら180万円

10万円エントリーなら360万円

の利益になるわけです。

 

エントリー回数を制限してポイントを絞ることで高額エントリーも打ちやすくなるので、かなり利益も増えてくるんですよね。

 

僕はまだせいぜい1万円エントリーくらいのレベルですけど、このままの調子で勝率が安定して口座残高も増えたら、金額も上げていくつもりでいます。

そうすれば1日中チャートを見なくても、1つの良いポイントを見つけられればそれで十二分に利益を出せるようになるので。

 

ツキヤ

10連勝したときに意識していたことはこのようなことですね。

毎日コツコツ自分の中で堅いポイントでエントリーしていたら、気づいたら10連勝していた、という感じでした。

本当に積み重ねですよね。

 

バイナリーオプションで連勝するには手法は重要でない

やっぱり感じるのが、手法ってそこまで重要ではないんですよね。

 

高額で販売されているような手法もあったりしますけど、基本がしっかりしていたら自分に合う手法を自然と思いつけたりします。

 

基本というのは「ローソク足の形や動き」であったり、

ダウ理論

エリオット波動

グランビルの法則

あたりの知識があれば、どういうところでどのようにエントリーすれば勝てるかが見えてきます。

 

 

僕の場合なら、だいたいエリオット波動の上昇5波目が終わったところか、下降2波が終わって3波に移ろうとする時のブレイク、もしくは戻り売りを狙うことが多いです。

エリオット波動なんて誰もが知っている知識ですけど、それを活用するだけでも勝つことは実はできるんですよね。

上の方で載せた画像の手法も、三尊やソーサーという波形、ダウ理論やエリオット波動を合わせてエントリーしたという感じです。

 

ツキヤ

高いお金を出して手法を学ぶのも良いと思うんですけど、基礎知識を組み合わせることで勝てる、ということもぜひ知ってもらいたいなと思います。

バイナリーオプションで利益を上げ続けられている人は、インジケーターを使っていなかったり、意外とシンプルな方法で取引していることが多いので。

 

バイナリーオプションは負けない方が大事

負けないことが大事

バイナリーオプションで稼ごうとした時、多くの人は「勝とう」とするんですけど、実は逆なんです。

「負けない」ことこそが利益に直結してきます。

 

1回負けると、その負け分を取り返そうとすると2回勝たないといけないわけですよね。

また取引回数が増えてくると手数料もその分かさんでくるので、資金は目減りしていきます。

 

勝ちを増やそうとするとどうしても勝つ期待値が低いポイントでも入らざるを得なくなり、結果的に勝率は下がるんです。

勝率が下がると、負けを取り返そうと焦りさらに負けを拾って勝率が下がる、という地獄のループに陥りがちなんですよね。

僕はこれまでその地獄のループを延々と繰り返していました。

 

負けを減らすことで勝率が上がるし、エントリー金額も上げられるようになり、その方が間違いなく稼ぎやすいんです。

 

ツキヤ

僕の10連勝の画像を見てもらえるとわかるんですけど、1日1回しかエントリーしてなかったりしますよね。

でもその小さな積み重ねが連勝になり、面白いくらいに口座残高も増えていきます。

稼げていない人は「負けないこと」を意識して、1日1勝で良いから勝つことを意識すると稼げるんじゃないかなと思います。

 

10連勝くらいなら誰でもできる

10連勝できる

今回伝えたかったのは、

 

10連勝くらいなら誰でも勝てるようになれる

 

ということです。

 

ツキヤ

1年半全く利益を上げられなかった、トレードセンスのかけらも無い僕ですら達成できたので、学びと実践をやめなければ絶対誰でも勝てます。

 

一番大事なのは、

待つ

これに尽きると思います。

 

もう一度、めちゃくちゃ大事なので言います。

 

バイナリーオプションは待てないといつまでも養分のままです

 

待てる人がATMのようにハイローからお金を引き出せるし、

待てない人がハイローにお金を吸われ続けてしまう。

 

待つことで運要素を限りなく減らすことができるし、精神的にも余裕を持って取引し続けることができます。

安定して勝てるようになって、ハイローから資金を引き出し続けてやりましょう!!

 

この記事を書いた人
ツキヤ
2019年末にバイナリーオプションを知り、2020年から本格的にスタート。2021年11月には10連勝を達成し、半月で残高を5000円から8万円にする。自分自身が負け続けて苦しんだこと、勝つために必要だと感じた知識などをブログやTwitterで発信しています。

詳しい自己紹介はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。